NCSA HTTPd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NCSA HTTPd
作者 Robert McCool ほか[1]
開発元 NCSA
初版 1993年12月(21年前) (1993-12
サポート状況 終了
種別 Webサーバ
公式サイト http://hoohoo.ncsa.uiuc.edu/[リンク切れ]
テンプレートを表示

NCSA HTTPdは、NCSA(米国立スーパーコンピュータ応用研究所)Robert McCool英語版 らによって開発されたWebサーバである[1]。このWebサーバはティム・バーナーズ=リーCERN httpdに次いで、世界で二番目に開発された。しばしば、World Wide Webクライアント・サーバにおいてMosaicWebブラウザに対応するサーバとみなされていた。また、Common Gateway Interface(CGI)を初めて導入したWebサーバでもあり、動的なWebサイトを生成することを可能にした。

開発は徐々に遅くなり、そのコードベースは独立プロジェクトであるApacheプロジェクトに引き継がれ、開発が継続された。一方NCSAはバージョン1.5を最後に開発をやめた。一時期、NCSA HTTPdはインターネット上のWebサーバの95%以上で使われていたが、そのほとんどがApacheに移行した。

NCSAのコードはApacheが全面的に書き換えられた過程で削除された。2014年1月時点で、Apacheを採用しているWebサーバは全体の36%である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b NCSA HTTPd Acknowledgements” (en). 2007年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2005年7月12日閲覧。
  2. ^ July 2014 Web Server Survey” (en). Netcraft (2014年1月31日). 2014年8月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]