Oracle iPlanet Web Server

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oracle iPlanet Web Server
開発元 Oracle
最新版 7.0.17(2013年4月)
プラットフォーム クロスプラットフォーム
種別 Webサーバ
公式サイト http://www.oracle.com
テンプレートを表示

Oracle iPlanet Web Serverは中規模及び大規模向けに設計されたWebサーバである。Oracle iPlanet Web ServerはSun One Web Server、iPlanet Web Server及びNetscape Enterprise Serverに基づいている。

Oracle iPlanet Web ServerはSolarisWindowsHP-UXAIXGNU/Linuxのプラットフォームで稼働し、JSPJava Servlet、PHP、NSAPI、CGI及びColdFusionをサポートしている。 2009年1月にSunはSun Java System Web Server7.0より旧バージョンのコアコンポーネントをBSDライセンスに基づくオープンWebサーバとして公開した。

2010年にOracleはドキュメントとリンクに残っているものの、製品名をSun Java System Web ServerからOracle iPlanet Web Serverへと変更した[1]

歴史[編集]

1999年3月にサン・マイクロシステムズとAOLタイム・ワーナー(当時はアメリカ・オンライン)が発表したサン・マイクロシステムズとNetscape Allianceの製品サービス群の中のWebサーバである。1999年7月に発足したiPlanet E-commerce Solutionsが展開していた。
その後、サンとAOLの契約解消に伴い、サンのブランドであるSun Oneへと統合され、Sun One Web Serverとなったが、2004年にブランドがSun Java Systemへと変更したのに伴い、Sun Java System Web Serverに名称が変更になった。[2]
2010年にサン・マイクロシステムズOracleに買収された後に、製品名はiPlanet Web Serverへと変更されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sun Software Product Map”. Oracle. 2013年6月21日閲覧。
  2. ^ 日経ITproネットワーク大辞典” (2004年3月31日). 2013年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]