LAW & ORDER:LA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

LAW & ORDER:LA』(原題: Law & Order: Los Angeles[1] / Law & Order: LA[2]、略称LA)は、アメリカNBC2010年9月から 2011年5月31日[3][4]まで放送されていたディック・ウルフ制作の刑事・法廷ドラマ。全1シーズン、22話。『LAW & ORDER』のスピンオフ作品の一つである。日本ではSuper! drama TVにて2011年10月6日から2012年3月1日まで放送された他、テレビ東京でも2013年5月16日から6月24日まで月 - 木曜12:30 - 13:25枠(『ランチチャンネル』枠)で放送された[5]

解説[編集]

本家『LAW & ORDER』が終了した次のシーズンにあたる2010年9月にスタートした。それまでに制作された『LAW & ORDER』シリーズ4作が全てニューヨークを舞台にしていたのに対し、本作ではロサンゼルスを舞台としている点が異なる。

本作は当初から視聴者数が伸び悩み、第8話が2010年12月1日に放送された後、しばらく放送が休止された。この間にキャストの交代が行われ、主演のスキート・ウールリッチはじめ複数のキャストが降板した[6]。同時に本家でも地方検事補であったコニー・ルビローサ(演:アラナ・デ・ラ・ガーザ)が新たにレギュラー入りしたほか、地方検事補のリカルド・モラレス(演:アルフレッド・モリーナ)が刑事へ転向するなど、配役の変更も行われた[7]

放送は2011年2月8日に再開される予定であったが、実際にはそれよりも遅い同年4月11日にずれ込んだ[7]。新キャストでのエピソードを先に放送したため、交代前のキャストで制作されたまま未放送となっていたエピソードは後回しにされた。しかしながら、一連のテコ入れにも関わらず視聴者数が増加することはなく、NBCは2011年5月に本作の打ち切りを決定した[3]

登場人物[編集]

レックス・ウィンターズ刑事
演:スキート・ウールリッチ/吹き替え:花輪英司
登場:2010-2011
ロサンゼルス市警察に勤務する刑事。生粋のロサンゼルス市民で、父同様警察に勤め、1992年にはロス暴動を体験した。
3人の子の父であり、子どもがらみの事件には心を痛める。
トマス・"TJ"・ジャルザルスキー刑事
演:コリー・ストール/吹き替え: 松田健一郎
登場:2010-2011
ロサンゼルス市警察に勤務する刑事。父は映画撮影技師で、華やかな映画界に対して冷ややかに見ている。
アーリーン・ゴンザレス警部補
演:レイチェル・ティコティン/吹き替え: 片貝薫
登場:2010-2011
ロサンゼルス市警の警部補であるベテラン。アメリカ軍情報部に勤務経験がある。
リカルド・モラレス地方検事補/刑事
演:アルフレッド・モリーナ /吹き替え:中村浩太郎
登場:2010-2011
ジョナ・デッカー地方検事補
演:テレンス・ハワード/吹き替え: 竹田雅則
登場:2010-2011
ローレン・スタントン地方検事補
演:メーガン・ブーン/吹き替え: 渚兎奈
登場:2010-2011
エヴリン・プライス地方検事補
演:レジーナ・ホール/吹き替え:下田レイ
登場:2010-2011
コニー・ルビローサ地方検事補
演:アラナ・デ・ラ・ガーザ /吹き替え:平野夏那子
登場:2011
本家『LAW & ORDER』にも登場していた地方検事補。ロサンゼルスに住んでいる母親の面倒を見るためにニューヨークから引っ越してくる。
ジェリー・ハーディン地方検事
ピーター・コヨーテ
登場:2010-2011

エピソードリスト[編集]

解説」項にもあるように、本国アメリカにおける放送時はキャスト入れ替え前のエピソードのうち未放送分を最後に放送していた(第18話 - 第22話)。日本での放送順は本国とは異なり、キャスト入れ替え前に制作されたエピソードを全て放送してから入れ替え後のエピソードを放送するように順序が変更されているが、それ以外の部分でも順序の入れ替えが見られる。タイトル(邦題)もSuper! drama TV版とテレビ東京版とそれぞれ異なっている。

話数が斜体になっているエピソードは、入れ替え後のキャスト・配役で制作されたものである。

話数
(本国)
話数
(日本語版)
邦題
(Super! drama TV版)
邦題
(テレビ東京版)
原題 米国初放送日 日本初放送日
01/第1話 01/第1話 ハリウッド ヤングセレブ宅強盗 Hollywood 2010年9月29日 2011年10月6日
02/第2話 02/第2話 エコーパーク カルト集団の復讐 Echo Park 2010年10月6日 2011年10月13日
03/第3話 04/第4話 ハーバーシティ 麻薬サーファー殺人 Harbor City 2010年10月13日 2011年10月27日
04/第4話 05/第5話 シルマー 過激派トラック爆弾テロ Sylmar 2010年10月20日 2011年11月3日
05/第5話 06/第6話 パサデナ 有名議員不倫ひき逃げ Pasadena 2010年11月3日 2011年11月10日
06/第6話 07/第7話 ホンド油田 油田セクハラ殺人 Hondo Field 2010年11月10日 2011年11月17日
07/第7話 08/第8話 バローナ川 眠れる連続殺人鬼 Ballona Creek 2010年11月17日 2011年11月24日
08/第8話 03/第3話 プラヤヴィスタ 性依存症天才ゴルファー Playa Vista 2010年12月1日 2011年10月20日
09/第9話 14/第14話 ズマキャニオン VSメキシコ麻薬戦争 Zuma Canyon 2011年4月11日 2012年1月5日
10/第10話 15/第15話 シルバーレイク 極悪ボディーガード Silver Lake 2011年4月11日 2012年1月12日
11/第11話 16/第16話 イーストパサデナ 汚職の街 East Pasadena 2011年4月18日 2012年1月19日
12/第12話 17/第17話 ベネディクトキャニオン セレブスタイリスト Benedict Canyon 2011年4月25日 2012年1月26日
13/第13話 18/第18話 リシーダ 警察官爆破事件 Reseda 2011年5月2日 2012年2月2日
14/第14話 19/第19話 ラニヨンキャニオン 美人女子大生遺棄 Runyon Canyon 2011年5月9日 2012年2月9日
15/第15話 20/第20話 ヘイデントラクト ネットゲーム依存症 Hayden Tract 2011年5月16日 2012年2月16日
16/第16話 21/第21話 ビッグロックメサ ホームレス放火殺人 Big Rock Mesa 2011年5月23日 2012年2月23日
17/第17話 22/第22話 エンジェルスノール 美人教師とカジノ強盗 Angel's Knoll 2011年5月25日 2012年3月1日
18/第18話 11/第11話 プラマーパーク ロシア美人スパイ Plummer Park 2011年5月30日 2011年12月15日
19/第19話 10/第10話 カーセイサークル 疑惑の教会殺人 Carthay Circle 2011年6月6日 2011年12月8日
20/第20話 12/第12話 エルセリーノ ラテン系不動産射殺 El Sereno 2011年6月20日 2011年12月22日
21/第21話 13/第13話 ヴァンナイズ ポルノ業界の掟 Van Nuys 2011年6月27日 2011年12月29日
22/第22話 09/第9話 ウエストウッド 名門撲殺死体遺棄 Westwood 2011年7月11日 2011年12月1日

脚注[編集]

  1. ^ 第8話まで
  2. ^ 第9話から
  3. ^ a b 'Law & Order: Los Angeles' Cancelled By NBC”. tvbythenumbers.com. 2011年5月13日閲覧。
  4. ^ Levin, Gary (2011年5月13日). “NBC renews 'Chuck' for final season”. USA Today. http://content.usatoday.com/communities/entertainment/post/2011/05/nbc-renews-chuck-for-final-season/1 
  5. ^ LAW&ORDER:LA : 米人気ドラマの最新スピンオフ テレ東で地上波初放送まんたんウェブ 2013年4月19日
  6. ^ 「Law & Order: LA」キャスト大量降板 & 放送延期で存続ピンチ?、海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ(2011年1月21日)、2014年2月9日閲覧。
  7. ^ a b 「Law & Order: LA」放送再開が決定、海外ドラマ&セレブニュース TVグルーヴ(2011年3月10日)、2014年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ東京 ランチチャンネル(月曜 - 木曜)
前番組 番組名 次番組
LAW & ORDER:LA
CSI:科学捜査班 シーズン11