Keep Calm and Carry On

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"Keep Calm and Carry On" のポスター

Keep Calm and Carry On (冷静に、戦い続けよ)とは、イギリス政府が第二次世界大戦の初期に、国民の士気を高める目的で作成した宣伝ポスターである。限られた数しか用いられなかったため、当時はほとんど知られていなかった。このポスターは2000年に再発見され、多くの民間企業から再び発行された。また、装飾モチーフとしても用いられた。テレビ番組のアンティークス・ロードショーで、ロイヤル・オブザーバー・コー(イギリスの民間防衛組織)の一員だった人物の娘が20枚のポスターを持ち込むまでは[1][2]、政府が保管しているものを除けば2枚が残存しているだけだった[3]

歴史[編集]

このポスターは情報省によって[4]、1939年に作成された。250万枚のポスターが印刷されたが、わずかな数しか配布されなかった[5]。ポスターを誰がデザインしたかは判明していない。

このポスターは3種類からなるシリーズの3作目である。それ以前に "Freedom Is In Peril. Defend It With All Your Might" (40万枚が印刷された。訳:自由は危機に瀕している。全力で防衛せよ。)と "Your Courage, Your Cheerfulness, Your Resolution Will Bring Us Victory" (80万枚が印刷された。訳:あなたの勇気、元気、決意が勝利をもたらす。)の2つがあり、国中で士気高揚のために使われた[6]。これらのポスターは同じ趣向が凝らされ、情報省への協力を呼びかけ、ユニークで認識しやすいレタリングを用い人々に国王のメッセージを伝えるようにデザインされた。"Your Courage" のポスターが戦時下でもっとも有名だった[7]

再発見と商品化[編集]

2000年、ノーサンバーランドアニックにある古書店のバーター・ブックスで "Keep Calm and Carry On" の複製が再発見された。イギリス政府によって作成されてから50年以上経過していたため、王冠の著作権は消滅しており、パブリックドメインの状態にある[8]。このポスターに触発されて衣服、マグカップ、ドアマット、その他さまざまな商品が発売され[9]、パロディの題材(例えば、王冠を上下逆にして「パニックを起こしてイカれていろ」と書かれている。)にもなった[10]

このポスターが流行した原因は、「イギリスの気質と光景に対する郷愁」にあるとエコノミストのコラムで指摘されている。それによると、このポスターは「爆弾が降る中でも勇気と不屈の意思を秘め、紅茶を入れていたというイギリスの伝説的イメージを直接刺激するものだ」としている[11]。このメッセージは、2000年代後期の世界金融危機や、イギリスの病院で非公式なモットーとして用いられた。ポスターの画像を使った商品はアメリカの金融機関や広告業者によって大量に注文され、またドイツでも有名である[10]

脚注[編集]

  1. ^ Slack, Chris. “Stash of original iconic posters appear on Antiques Roadshow”. London: dailymail.co.uk. http://www.dailymail.co.uk/news/article-2105518/Keep-calm-carry-Only-surviving-stash-original-iconic-poster-appears-Antiques-Roadshow.html 2012年2月24日閲覧。 
  2. ^ Slack, Chris. “Keep Calm and Carry On... to the bank: Original wartime poster shows up on Antiques Roadshow”. Daily Mail (London). http://www.dailymail.co.uk/news/article-2105518/Keep-calm-carry-Only-surviving-stash-original-iconic-poster-appears-Antiques-Roadshow.html 
  3. ^ One of only two surviving posters in the public domain”. WarTimePosters.co.uk. 2011年5月28日閲覧。
  4. ^ Keep Calm and Carry On Poster : Welcome to the”. IWMshop.org.uk. Imperial War Museum Online Shop (2008年7月30日). 2011年5月28日閲覧。
  5. ^ Hughes, Stuart (2009年2月4日). “The Greatest Motivational Poster Ever?”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/7869458.stm 
  6. ^ Rees, Nigel (2011年7月20日). “Cheer up, the worst is yet to come”. Today programme (BBC Radio 4). http://news.bbc.co.uk/today/hi/today/newsid_9543000/9543352.stm 
  7. ^ Lewis, Bex, Ph. D. (2004年6月). “1939: The Three Posters (PhD Extract)”. 2012年4月6日閲覧。
  8. ^ Newton, David (2005年5月23日). “HMSO Crown copyright FOIA Request”. Wikipedia-l. lists.Wikimedia.org. 2011年5月28日閲覧。
  9. ^ Henley, Jon (2009年3月18日). “What Crisis? Keep Calm and Carry On: The Poster We Can't Stop Buying”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/mar/18/keep-calm-carry-on-poster 
  10. ^ a b Walker, Rob (2009年7月5日). “Remixed Messages”. The New York Times Magazine (The New York Times Company). http://www.nytimes.com/2009/07/05/magazine/05FOB-consumed-t.html?_r=2&ref=magazine 2012年3月21日閲覧。 
  11. ^ Bagehot (pen name) (9 October 2010). “Keep calm, but don't carry on”. The Economist: 42. http://www.economist.com/node/17200399. 

外部リンク[編集]