JDAソフトウェア・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

JDAソフトウェア・ジャパン株式会社は、1997年に設立されたJDAソフトウェアグループの日本法人。 所在地は東京都目黒区の中目黒GTタワー19階。

JDAソフトウェアグループは、米国アリゾナ州スコッツデールに本社を置く、サプライチェーンマネジメント、製造計画、小売計画、ストアオペレーション及びコラボレーティブカテゴリマネジメントソリューションのソフトウェア及びコンサルティングサービスを提供する企業。 1985年にJames Donald Armstrongにより設立、2012年末までに、Arthur、Intactix、E3、Manugistics、i2テクノロジーズ、RedPrairieとの吸収・合併を完了。2012年末のRedPrairieとの合併によりNew Mountain Capitalの傘下となる。 顧客実績は全世界に6,000社に及び、製造、流通、輸配送、小売及びサービス業界とサプライチェーン上の多岐の業種に亘ってサービスを提供している。


米国本社Webサイトリンクラベル 日本語Webサイト リンクラベル 

歴史[編集]

James Donald Armstrongにより、1978年カナダに設立される。 1985 年Armstrongはカナダでの事業を売却し、Frederick M. Pakisと共に米国オハイオ州クリーブランドにJDA Software, Inc.を設立した。 1987年アリゾナ州フェニックスの自動車小売企業との契約後、当時8名だった全従業員と共に本社をアリゾナ州にに移した。 およそ10年後の1996年3月15日に公開企業となり、カナダにあるJDAを買い戻した。1998年、Arthurの小売部門の買収を完了させたのが最初の大きな買収といえる。

2000年4月、世界3,000社以上の小売、サプライヤ及びメーカー向けにスペース管理ソリューションを提供していたIntactixを買収した。2001年9月には小売・流通向けの在庫最適化ソリューションを提供していたE3を買収し、世界20カ国の顧客ベースを獲得した。また2006年7月にManugisticsを買収し、需要・供給管理、及びプライシング、輸配送ロジスティクスアプリケーションへと製品ラインナップを拡大した。 2009年5月JDAは、ダラスに本拠地を置くサプライチェーンソリューションベンダーのi2 Technologiesの買収意思を公表した。2010年1月に買収が完了

2012年12月21日、JDAはサプライチェーン、ワークフォース管理ソリューションを提供するプライベート企業RedPrairieにより買収される。

2013年4月2日、クラウドベースのサプライチェーン計画、最適化及び分析ソフトウェア「JDA eight」を発表。

主要な合併・買収企業[編集]

  • RedPrairie - 2012年12月21日合併完了
  • i2テクノロジーズ - 2010年1月28日買収
  • Manugistics - 2006年に買収
  • Arthur Retail
  • E3 Corporation
  • Intactix