eRuby

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

eRubyとは、Rubyの周辺技術の一つで、HTMLへRubyスクリプトを埋め込む事を可能とする技術である。embedded Rubyの略。対象としてはHTMLだけでなく、任意のプレインテキストに適用できる。

元々まつもとゆきひろの構想とePerlの実装を基にした議論から、関将俊が開発した[1]。Ruby 1.8以降のバージョンでは、Ruby処理系の標準ライブラリとして同梱されるようになった。また、前田修吾によるC実装によるeRuby処理系も開発されている[2]

概要[編集]

従来、Ruby言語でCGIなどを作成するとき、HTML部分を記述するにはprint(もしくはputs)によってそのコードを記述していかなければならなかった。しかし、HTMLのタグを書く毎にprint文を記述するのは非常に手間がかかり、修正する場合にも多大な労力を必要としてしまうことが多い。

さらにこの方式では、CGIやWEBアプリケーションを作成しようとしたとき、プログラマーとWEBデザイナーの分離が難しく、またDreamweaverなどのWEBオーサリングツールの利用も不可能となってしまう。

そこで考え出されたのが、HTML埋め込み型の処理系であるPHPに似た文法で、HTMLにRuby文を埋め込む実装である。こうして考え出されたのが、eRubyである。

文法[編集]

HTMLファイルの中に<%...%> (もしくは、<%=...%>。こちらは、<%print ...%>の省略形である)の記号で囲った空間があれば、そこをRubyが書かれた部分として認識する。

<html>
<head>
<title>eRuby</title>
</head>
<body>
<p><% Rubyコード1 %></p>
<p><% Rubyコード2 %></p>
<p><% Rubyコード3 %></p>
</body>
</html>

以上のように<%=...%>と記述した箇所で、Rubyの命令が実行可能となる。それ以外の場所では、通常のHTML文が表示され、PHPと似た記述が可能となる。

外部リンク[編集]

  • ERB 公式サイト