Rubyライセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ruby License
DFSGとの適合性 Yes[1]
フリーソフトウェア Yes
OSIの承認 No
GPLとの適合性 Yes(ただし、それが両立するのは、デュアルライセンスであるときのみである。)
コピーレフト Yes
自由コピー英語版 ?
異種ライセンスコード
からのリンク
Unknown

RubyライセンスRuby License[注釈 1])とは、プログラミング言語Rubyがその頒布物に適用するソフトウェアライセンスであり、オープンソースライセンスの一つである。その他関連するプロジェクトをはじめ、採用されているケースもある。

概要[編集]

このライセンスに対するフリーソフトウェア財団(Free Software Foundation、略称FSF)のコメントは以下の通りである。

「これはフリーソフトウェアライセンスであり、GNU GPL両立するcompatible; 互換性がある)ライセンスである。但しGPLと両立するには、双方を含む頒布物全体に、明示的にデュアルライセンス条項のもと許諾する旨記載しなければならない。」

またこれと関連して、以前、ストールマンまつもとに「(Ruby Licenseは)派生物に対し、Artistic License(バージョン1.x)と同様の『曖昧さの問題』(ambiguity problems)がある」との電子メールを送ったとされる[2]。この見解が正しければ、Rubyライセンスは、(Clarified Artistic LicenseやArtistic License 2.0、といったフリーソフトウェアライセンスとはまた別のライセンスである)Artistic Licenseバージョン1.xと同じく、それ単独ではフリーソフトウェアライセンスではない。実はまつもとは、このライセンスはもとよりArtistic Licenseバージョン1.xを基にしてできた派生ライセンスであると述べている[3]

プログラミング言語Rubyの処理系はこのライセンスが適用されたもっとも有名なソフトウェアであるが、その処理系は本ライセンス単独で頒布が許諾されているのではない。これは、処理系の一部にGPLが適用されたコードを含んでいるからである[3]。これにより、前述のストールマンの見解から、本ライセンス単独ではRubyの処理系が頒布できなくなるため、GPLv2("any later version"表明文なし)とのデュアルライセンスになっているのである。

これと関連して、Rubyコミュニティでは従来からRubyの処理系に許諾されたデュアルライセンス(即ち、本記事で記載の許諾条項とGPLv2のデュアルライセンス)を「Rubyライセンス」(または「Rubyのライセンス」、"Ruby’s License")といい、本記事のライセンスは「狭義のRubyライセンス」と呼ぶことが示唆されている。また、FSFは「広義のRubyライセンス」を指して"License of Ruby"[注釈 2]と呼称している。

本記事とは直接関係はないが、Rubyの処理系がデュアルライセンスで許諾するGPLv2には前述の通り"any later version"表明文がない。これによりRubyの処理系にはGPLv3で許諾されたコードを組み合わせると頒布出来なくなる[注釈 3]。これに対処するため、Rubyの処理系はそのバージョン1.9.3よりGPLに代わって、緩やかなフリーソフトウェアライセンス英語版である2条項BSDライセンスとのデュアルライセンスに許諾が変更される[4]。Ruby開発者によると、Ruby処理系の許諾条件変更は次のような手続きをたどった。まず頒布時のライセンスをデュアルライセンスの内、狭義のRubyライセンスを選択し、続いて当ライセンス第2節・第(d)項に従い追加的許諾条項にBSDライセンスを加えた。[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 固有名詞の意味を含んでいるためLicenseである。 Download Ruby”. www.ruby-lang.org. 2011年4月1日閲覧。
  2. ^ 関連してFSFはzlib Licenseもライセンス著作者とは異なる呼称をしている(License of Zlib)。
  3. ^ 詳細は、記事"GNU General Public License#両立性とマルチライセンス"を見よ。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]