EMD GP7形ディーゼル機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EMD GP7
Illinois Terminal 1605, July 16, 2005, Illinois Railway Museum.jpg
イリノイ鉄道博物館にて動態保存されている元イリノイ・ターミナル鉄道のGP7。
動力方式 電気式ディーゼル
製造所 GM-EMD
製造日 1949年10月 - 1954年5月
総製造数 2,729両(加えてBユニット5両)
軸配置(アメリカ式) B-B
軌間 1,435 mm
台車 ブロンバーグB形台車
エンジン形式 EMD 567B型
気筒 V型16気筒
出力 1,500馬力 (1,100 kW)

EMD GP7は、1949年10月から1954年5月の間にアメリカGM-EMDが製造した4動軸のロード・スイッチャータイプの電気式ディーゼル機関車である。GM-EMDが初めてフード・ユニットを採用した機関車である。運転台のあるAユニットが2,729両、運転台のないBユニットGP7B)が5両の合わせて2,734両が製造され、うち92両はカナダに、2両はメキシコに輸出された。

解説[編集]

本形式以前には、アメリカン・ロコモティブ(ALCO)、フェアバンクス・モースボールドウィン・ロコモティブ・ワークスがロード・スイッチャータイプのディーゼル機関車を製造していたが、本形式のヒットにより、ロード・スイッチャーの外観がメジャーなものとなった。のちに、GPシリーズ(4動軸のロード・スイッチャーの総称。General purposeの略称で「多目的」を意味する)はGeep(ジープ)という愛称で呼ばれることになった。

基本的にはフードの短い側(ショートフード)を先頭する設計であったが、鉄道事業者によっては長い側(ロングフード)を先頭とする場合もあった。また、ショートフードの高さを抑えて製造された車両もあった。これは前方視界を確保するために採用される構造であるが、後方視界を確保するためにショートフード側を後ろとして使用されたものもある。

オプションとしてダイナミック・ブレーキ(発電ブレーキ)が用意され、装着している車両はロングフードの中央付近に張り出しがある。

台車は、ブロンバーグB形台車を装着しているが、一部にAAR A形台車を装着している車両があった。

一級鉄道では1980年代初頭にGP7の使用を廃止したが、そのほかの鉄道では、現在でも多くの車両が仕業に就いている。また、製造第一号であったシカゴ・アンド・ノース・ウェスタン鉄道の1518号をはじめ、多数のGP7が博物館等に保存されており、施設によっては体験運転ができる場所もある。

バリエーション[編集]

Bユニット[編集]

Bユニットは1953年3月から4月にかけて製造され、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道(ATSF)に納入された。

旅客用GP7[編集]

暖房装置として、ショートフード内に蒸気発生装置を搭載した車両もある。床下にボイラー用の水タンクを搭載しており、その分、燃料タンクが小さくなっている。ただし、燃料タンクを大きいままとし、空気タンクをロングフードの上に移動した車両も存在する。

また、客車に暖房や電源を供給するための発電装置を搭載した車両もある。その装置はロングフード先端のデッキ上に箱形にまとめて装着されている。

GP7M[編集]

FTを置き換えるためのプログラムとして、EMDはFTのコンポーネントを使用してGP7を製造する用意をした。実際に、アッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道の99号はそうして製造されたもので、FTのエンジンを使用したことから出力は1,350馬力であった。

台車の改造[編集]

AAR A形台車を装備していた車両は、廃車になったアメリカン・ロコモティブRS-1が装着していたAAR B形台車に履き替えたものがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]