CrossFireX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AMD CrossFireX Logo.svg

CrossFireX(クロスファイアX)は、ATI Technologies開発したAMDマルチGPU技術である。ビデオカードを、同一のマザーボード上に複数枚挿入し、それらを電気的に接続する。複数個のGPUによる並列処理により、処理能力の大幅な向上が期待できる。AMDチップセットを搭載したマザーボードに限らず、インテル製チップセットを搭載したマザーボードでも構築できる点が大きな特徴といえる。

現在は最大4個のGPUを並列動作可能なCrossFireXとなっている(GPU2個搭載ビデオカードは2枚まで、通常の単一GPUビデオカードは4枚まで接続可能)。

世代[編集]

  • CrossFire(1世代)- 2005年9月27日[1]
  • Software CrossFire(2世代)
  • CrossFireX(現在)- 2007年9月19日

接続方法[編集]

CrossFireによるマルチGPU環境の構成にあたっては、まず複数枚のビデオカードと、それらを挿入できるだけの拡張スロットを有するマザーボード、そして最新のデバイスドライバを必要とし、いずれもCrossFireに対応するものでなければならない。

手順[編集]

  1. CrossFire対応チップセットを搭載するマザーボードと、CrossFireに対応する同一モデルのビデオボードを2つ、または2つ以上用意する。
  2. マニュアルに従い、ビデオボードをPCI Expressコネクターに接続し、各ボードをブリッジケーブルで接続する(Native CrossFire)。1950XTX以前にリリースされたモデルの場合、両方をマニュアルに従いPCI Expressコネクターに接続(たいていCPUに近いほうに「CrossFire Edition」)、そして専用出力コードをつける。
  3. PCを起動させ、ユーティリティーソフト「Catalyst」でCrossFire設定を有効にする。


Radeon 2000、HD 3000、HD 4000、HD 5000シリーズは同一モデルを用意すれば構築が可能だが、それ以前に発売されたRadeon 1000シリーズなどは仕組みが複雑で「CrossFire Edition」のもの(これのことを「マスター」とか「マスターボード」と呼ぶことがある)と、それと同じモデル(例: 「RadeonX1900 CrossFire Edition」なら「RadeonX1900XTX/XT/PRO」)を用意する必要がある。なお、2007年以降「CrossFire Edition」というラインナップは存在せず、ATI CrossFire、またはATI CrossFireX対応というラインナップで統一された。

特徴[編集]

  • CrossFire規格はオープン化されているのでATI製、AMD製チップセット搭載マザーボードだけでなく、インテル等の他社製チップセットでも構築できる。インテルであれば、intel P965 Express以降、PCI Express×16スロットを2つ以上搭載したマザーボードであれば構築できる(975X、P35、P45、P55、H55、H57、X58など)。ライバルであるインテルなど、サードパーティにもCrossFireアーキテクチャを解放している理由としては、NVIDIAとの競争上で優位に立つためと言われている。一方NVIDIAは、自社製チップセット(ないしはNVIDIA製のPCI Expressスイッチのようなチップ)を搭載しないマザーボードでのSLI対応を拒否していたが、2009年8月にはintel X58チップセットに、2011年4月にはAMDの次期チップセット「AMD 9」シリーズの一部にSLIのライセンスを提供することを発表した[2]。これにより、一部ではあるがCrossFire・SLI共に「プラットフォーム・チップセットの違いによる制限」は取り払れる事になった。
  • 全てのGPUがノースブリッジからのPCI Express接続なのでボトルネックが発生しにくい。
  • PCI Expressレーン数を増やすのが難しく、レーン数8を2つで動かすものが多い。CrossFireに対応し、レーン数16が2つのものにATI CrossFire Xpress 3200、AMD 790FX、intel X38、X48、X58などがある。
  • マルチGPU環境では「交互フレームのレンダリング」と「上下または左右分割のレンダリング」が一般的であるが、CrossFireでは全体を32ピクセル四方のブロックに分けて1つ飛ばしのブロックをレンダリングする方法(分かりやすく言うとチェスのフィールドの白同士、色つき同士の部分をレンダリング、ということ)もサポート。

尚、増設の際は電源ユニットの総電力、12V1、12V2などの仕様も確認が必要。粗悪な電源ユニットでCrossFire構成にすると、最悪の場合、マザーボード破損などの危険性もあるので注意が必要である。

派生規格[編集]

Hybrid CrossFire[編集]

ビデオカード内蔵GPUを並列処理させる技術。

  • 対応ビデオカード
    • Radeon HD 2400 PRO/XT
    • Radeon HD 3450
    • Radeon HD 3470

Hybrid CrossFireX[編集]

チップセット内蔵GPUを並列処理させる技術。

  • 対応チップセット
    • AMD 790GX
    • AMD 780G
    • AMD 760G
    • AMD 785G
    • AMD 880G
    • AMD 890GX

AMD Dual Graphics[編集]

Hybrid CrossFireXの後継規格。シェーダ数の異なるGPUの並列処理が可能になった。

  • 対応チップセット
    • AMD 890GX
  • 対応ビデオカード
    • Radeon HD 5450
  • 対応 Fusion APU [3][4]
    • AMD A4, A6, A8, A10
  • 対応ビデオカード [3][4]
    • Radeon HD 6450, HD 6570, HD 6670

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ATI Launches Crossfire... Finally”. Slashdot (2005年9月26日). 2009年12月28日閲覧。
  2. ^ NVIDIA、AMDの次期チップセット向けにSLIを提供 SLIのライセンスを拡大、AMD 990FX/990X/970でSLIが使用可能に PCオンライン 2011年4月29日
  3. ^ a b http://www.amd.com/us/products/technologies/dual-graphics/Pages/dual-graphics.aspx#3
  4. ^ a b http://ascii.jp/elem/000/000/626/626734/

外部リンク[編集]