CoRoT-7c

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CoRoT-7c
星座 いっかくじゅう座
分類 太陽系外惑星
発見
発見日 2009年8月24日
発見者 Queloz et al.
発見方法 視線速度法 (HARPS)
位置
赤経 (RA, α) 06h 43m 49.0s[1]
赤緯 (Dec, δ)  ?01° 03′ 46.0″[1]
距離 489 ± 65 光年[1]
(150 ± 20 pc)[1]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.046 AU[2]
(0.31 mas)
離心率 (e) 0
公転周期 (P) 3.698 ± 0.003 日[2]
(88.8 時間)
準振幅 4.0 m/s[2]
CoRoT-7の惑星
物理的性質
地球との相対質量 8.4 ± 0.9[2]
■Project ■Template

CoRoT-7c は、いっかくじゅう座の方角に約489光年の位置にあるG型主系列星 CoRoT-7 の周囲を公転する太陽系外惑星である。地球質量の8.4倍のスーパーアースで、主星から0.046天文単位の軌道を89時間の周期で公転している。しかしCoRoT-7bと異なり、この惑星は COROT によるトランジット法で検出されたのではなく、チリラ・シヤ天文台にある高精度視線速度系外惑星探査装置視線速度法により2009年8月24日に検出された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Leger A.; Rouan D. et al. (2009). “Transiting exoplanets from the CoRoT space mission VIII. CoRoT-7b: the first Super-Earth with measured radius”. Astronomy & Astrophysics (accepted). http://xxx.lanl.gov/abs/0908.0241. 
  2. ^ a b c d Queloz D.; Bouchy F. et al. (2009年). “The CoRoT-7 planetary system: two orbiting Super-Earths”. 2010年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]