CoRoT-7b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
COROT-7b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Exoplanet Comparison CoRoT-7 b.png
地球と海王星の比較図
主星
恒星 CoRoT-7
星座 いっかくじゅう座
赤経 (α) 06h 43m 49.0s[1]
赤緯 (δ) −01° 03′ 46.0″[1]
視等級 (mV) 11.668[1]
距離 489 ± 65[1] ly
(150 ± 20[1] pc)
スペクトル分類 G9V[1]
質量 (m) 0.93 ± 0.03 M
半径 (r) 0.87 ± 0.04 R
温度 (T) 5275 ± 75 K
金属量 [Fe/H] 0.03 ± 0.06
年齢 1.2 – 2.3 Gyr
軌道要素
軌道長半径 (a) 0.0172 ± 0.00029[1] AU
(2.58 Gm)
    0.115 mas
離心率 (e) 0
周期 (P) 0.853585 ± 0.000024[1] d
    (20.48604 h)
軌道傾斜角 (i) 80.1 ± 0.3[1]°
準振幅 (K) 3.3[2] m/s
物理的性質
質量 (m) 0.0151 ± 0.0025 MJ
(4.8 ± 0.8[2] M)
半径 (r) 0.15 RJ
(1.68 ± 0.09[1] R)
密度 (ρ) 5600 ± 1300[2] kg/m3
表面温度 (T) 1300–1800[3] K
発見
発見日 2009年2月3日
発見者 ローラン他 (COROT)
発見方法 トランジット法
観測場所 極軌道
現況 発表
他の名称
CoRoT-Exo-7b
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

CoRoT-7b(発見当初はCOROT-Exo-7bと呼ばれていた)は太陽よりわずかに小さい主星(恒星CoRoT-7)の周囲を公転している太陽系外惑星である。いっかくじゅう座にあり、地球からの距離は150パーセク(490光年)である。フランス主導で開発された宇宙望遠鏡COROTが2009年に発見した。主星に近く、岩石を主成分とする「熱いスーパーアース」だと考えられている。

概要[編集]

2009年の発見時において、それまで見つかっている太陽系外惑星の中では最も小さく、直径は地球の1.7倍、体積は4.9倍である。質量は4.8地球質量で、密度は地球に近い。このことから、惑星の組成は純粋な鉄ではなく、岩石の類を含んでいると推測されている。

主星CoRoT-7からわずか250万km(太陽‐水星間の約23分の1の距離)という非常に近い軌道を回っており、2010年現在400個以上が確認されている太陽系外惑星の中で3番目に主星との距離が近い惑星でもある。公転周期は20時間。これらのことから、惑星表面は沸騰した溶岩の海に覆われていて、生命が居住できる可能性はほとんどゼロに等しいとされる。

CoRoT-7bでは、地球における水の循環のようにして岩石が循環していると考えられ、主星CoRoT-7からの激しい熱を受けた惑星表面では岩石や鉱物などが蒸発して上空で薄い大気を作り、それらはやがて冷えて岩石でできた雲を形成し、地球の雨のように熱い小石(砂粒のような大きさ)となって降りそそいでいると推測されている。

また、外側には地球の8倍の質量を持った別の惑星CoRoT-7cが発見されているが、この惑星の重力のためにCoRoT-7bの軌道はわずかに楕円に歪んでいる可能性がある。仮に軌道が完全な円から外れていれば、恒星がCoRoT-7bに与える潮汐力は絶えず変動し、惑星には強い潮汐加熱が発生する。このような惑星を、同様のメカニズムにより活発な火山活動を示す木星衛星イオと比較し、「スーパーイオ」と呼ぶことが提案されている[4][5]

出典[編集]

  • 学術誌「Astrophysical Journal Letters」掲載、2009年10月1日発行