At Ease

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
At Ease
開発元 アップルコンピュータ
最新版

5.0.2 / 1998[1]

対応OS = System 7.1 — Mac OS 8.5[1]
種別 ファイルマネージャ/デスクトップ環境
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト Apple Computer
テンプレートを表示

At Ease(アットイーズ)とは、1990年代初期にアップルコンピュータにより開発された、Macintoshの代替デスクトップ環境である。 新規のMacintoshユーザが指示を受けなくても使えるシンプルな環境を提供する。 At EaseはFinderデスクトップの手前に表示され、アプリケーションドキュメントが大きなボタンとして表示される、シンプルなタブ・パネル指向のGUIを提供する。 セキュリティ機能はともかく、そのインタフェースや基本機能はPackard Bell Navigatorと非常に近似している。

機能[編集]

  • パネル—At Easeのメイン・デスクトップであり、タブで切り替え可能な2つのパネルが表示されている。一方はアプリケーションを表示し、もう一方は個人ドキュメントを表示する。パネルが一杯になると新しいページが作成され、表示を切り替えられる様になる。
  • マルチ・ユーザ—At Easeがリリースされた当時、System 7はマルチ・ユーザをサポートしていなかった。At EaseはMacintoshユーザに、コンピュータに個人のファイルを保存し、且つ同じコンピュータを使用する他のユーザからそれらのファイルを保護する、簡単で安全な方法を提供した。
  • 共有—At Easeは他のユーザとファイルを共有する事を許した。
  • 特権—メイン・ユーザ(アドミニストレータ、オーナー)はユーザがアクセス可能なプログラム及びドキュメントを設定可能。
  • 安全—At Easeは各ユーザにパスワードの設定を可能にし、他のユーザのアカウントへのログオンを不可能に出来た。

At Ease for Workgroups[編集]

At Easeソフトウェアがインストールされた任意のワークステーションから、At Ease for Workgroupsのサーバにログオンする事が可能。 At Ease for Workgroupsは、オリジナルのAt Easeは無かったいくつかのネットワーク機能を導入した。 ワークグループ・バージョンはクライアント・コンフィギュレーション、ネットワーク・アクセス、クライアントのコンピュータの利用制限を行える。 各ユーザ・アカウントが持つ、ベージュのアプリケーション“フォルダ”とブルーのドキュメント“フォルダ”に加え、ワークグループ・バージョンではより簡単なリムーバブル・メディアへのアクセスが可能である。 ユーザのプロファイルに、CD-ROMに対してはピンクのフォルダ、FDに対してはグリーンのフォルダが表示される。 これらの機能は、ユーザそれぞれに対し管理者がコントロール可能である。 At Ease for Workgroupsには、ユーザ及びワークグループをネットワークへ追加する事が出来る管理プログラムも含まれる。

At Ease for Workgroups 5では、それまでのAt Easeパネルの代替として、制限付きFinderによる操作モードも提供された。 これにより、AppleShare IPサーバに保存された、各ユーザのドキュメント・フォルダへの素早いアクセスが可能となった。 制限付きFinderモードは後に、Mac OS 9のマルチ・ユーザ機能へと変化した。

Mac OS 9に於けるAt Ease[編集]

Mac OS 9においてマルチユーザーが標準でサポートされ、全ての機能がMac OSにもたらされた事で、他の環境を別途インストールして使う必要性は無くなった。

At Easeはディスコンになったが、そのインタフェースはMac OSの後のバージョンにも見られる。 例としてMac OS 8とMac OS 9に含まれるプラチナテーマがあり、At Easeに良く似ている。

関連項目[編集]

引用文献[編集]

外部リンク[編集]