AppScale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AppScale
AppScaleLogo2.png
作者 Chandra Krintz, Navraj Chohan, Chris Bunch et al.
開発元 カリフォルニア大学サンタバーバラ校
初版 1.0 2009-03-07
最新版 1.6.9 2013-04-05
プログラミング言語 Python, Ruby, Go, Java
対応OS Ubuntu
プラットフォーム Linux
対応言語 英語
サポート状況 開発中
種別 クラウドコンピューティング
ライセンス BSDライセンス
公式サイト http://appscale.cs.ucsb.edu/
テンプレートを表示

概要[編集]

AppScaleは、Google App Engineのアプリケーションをローカルのマシン群で動作させるオープンソースのフレームワークである。

クラウドコンピューティング向けのプラットフォーム (PaaS) であり、XenKVMAmazon EC2Eucalyptusなどをサポートしている。 カリフォルニア大学サンタバーバラ校の RACELab 研究室で開発が行われている。[1][2][3][4][5] AppScaleは、構築したクラウド上に複数のアプリケーションをアップロードすることができ、データベース層はHBaseHypertableApache CassandraMySQLなどの複数のソフトウェアから選択することができる。Google App Engineで提供されているSDKを用いてPythonJavaGoでWebアプリケーションを開発することができ、セットアップしたマシン数に応じてスケーラブルに動作する。Google App Engineの提供しているdatastore、memcache、blobstore、channel APIなどを独自実装で提供している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]