4つの厳粛な歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

4つの厳粛な歌ドイツ語: Vier ernste Gesänge)はヨハネス・ブラームスが作曲したバスピアノのための歌曲

概要[編集]

1896年5月7日、ブラームスが迎えることのできた最後の誕生日に書き上げられた。初演は1896年9月9日ウィーンで、アントン・ジスターマンス英語版の歌とケーンラード・ボス(Coenraad V. Bos)のピアノによって行われた。列席していたブラームスは「完璧に(私の)意図を理解していた」[1]と称賛したと伝えられる。同年中に出版され、友人マックス・クリンガーに献呈された。

テキストは『ドイツ・レクイエム』と同様に聖書ルター聖書)から取られている。ブラームスが完成させた最後の声楽曲であり、この後に書かれた作品はオルガンのための『12のコラール前奏曲』のみである。このため、3月26日クララ・シューマンが脳出血で倒れ完成直後に亡くなっていることもあって、自らの死を予期したブラームスが死にいま一度向き合った、いわば「辞世」の作品とみなされる。

自筆譜には管弦楽版の構想も書きつけられており、エーリヒ・ラインスドルフギュンター・ラファエルデトレフ・グラナート英語版ヘンク・デ・フリーヘルが管弦楽伴奏版の編曲を試みている。また、マックス・レーガーがピアノ独奏のための編曲を残している。

楽曲構成[編集]

全4曲からなり、演奏時間は18分前後。テキストは第1-3曲が旧約聖書から、第4曲は新約聖書から取られている。

  • 第1曲 人の子らに臨むところは獣にも臨むからである(Denn es gehet dem Menschen)
伝道の書3章19-22節。アンダンテ‐アレグロ、ニ短調、4/4拍子‐3/4拍子。A-B-A'-Bの複合二部形式で、荘重なアンダンテと力強いアレグロとが交互に現れる。
  • 第2曲 わたしはまた、日の下に行われるすべてのしえたげを見た(Ich wandte mich, und sahe an)
伝道の書4章1-3節。アンダンテ、ト短調、3/4拍子。繰り返される下行音形が深い苦しみを表現する。終結部はわずかな安らぎを見せ、ト長調で終止する。
  • 第3曲 ああ死よ、おまえを思い出すのはなんとつらいことか(O Tod, wie bitter bist du)
シラ書41章1-2節。グラーヴェ、ホ短調、3/2拍子。前二曲に増して重々しい足取りで進む。後半はホ長調となり、死の救いを歌う。
  • 第4曲 たといわたしが、人々の言葉や御使たちの言葉を語っても(Wenn ich mit Menschen)
コリント人への第一の手紙13章1-3, 12-13節。アンダンテ・コン・モート・エド・アニマ‐アダージョ、変ホ長調、4/4拍子。曲集中唯一、一貫して長調で書かれた曲であり、旋律も大きく躍動する。第1曲と同様の二部形式で書かれ、ロ長調、3/4拍子のおおらかな旋律が対比される。

注釈[編集]

  1. ^ Coenraad V. Bos, The Well-Tempered Accompanist, 1949, as quoted in Michael Musgrave & Bernard D. Sherman, Performing Brahms: Early Evidence of Performance Style”. books.google.com.au. 2012年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー7 ブラームス』音楽之友社、1993

外部リンク[編集]