ギュンター・ラファエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギュンター・ラファエルGünter Raphael, 1903年4月30日 - 1960年10月19日)はドイツ作曲家

経歴[編集]

ベルリンに出生。1926年に《交響曲 第1番》がヴィルヘルム・フルトヴェングラーによってライプツィヒで初演される。同年から1934年までライプツィヒ音楽院で教鞭を執るが、病気とナチ党の権力掌握に伴い(半ユダヤ人と断定されたためもあり)教職が困難となる。病弱にもかかわらず第三帝国期を生き延び、1948年にフランツ・リスト賞を授与された。1949年以降、デュイスブルク音楽大学、マインツ音楽大学、ケルン音楽大学で教壇に立った。門弟にクルト・ヘッセンベルクがいる。ヘルフォルトにて没。

作品[編集]

5つの交響曲のほかに、ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲、6つの弦楽四重奏曲や多数の弦楽器のための作品があり、これらの作品はいくつかが録音されてきた。またオルガン曲やピアノ曲、合唱曲も遺している。

また1918年ピアノスコアのかたちで発見された、アントニン・ドヴォルザーク初期の《チェロ協奏曲イ長調》(1865年)の遺稿を、実演用に再構成・管弦楽化し、1929年に出版した[1][2]

ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社のバロック音楽古典派音楽(たとえばアントニオ・ヴィヴァルディヨハン・ゼバスティアン・バッハフリードリヒ大王)の出版譜の校訂を担当した。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Persistent URL of Library Card for Dvořák Concerto (in 1929 Breitkopf & Härtel Piano Score, as Edited by Raphael)”. University of Oakland. 2007年12月11日閲覧。
  2. ^ Wright, David (2004年6月). “Antonin Dvorak”. MusicWeb International. 2007年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]