3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーゼ」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーセ/Δ-5-4 イソメラーゼ
識別子
EC番号 1.1.1.145
CAS登録番号 9044-85-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO
ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーセ, 3β- and ステロイド-Δ-イソメラーゼ1
識別子
略号 HSD3B1
遺伝子コード HSDB3, HSD3B
Entrez 3283
HUGO 5217
OMIM 109715
RefSeq NM_000862
UniProt P14060
他のデータ
EC番号 1.1.1.145
遺伝子座 Chr. 1 p13-p11
ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーセ, 3β- and ステロイド-Δ-イソメラーゼ2
識別子
略号 HSD3B2
Entrez 3284
HUGO 5218
OMIM 201810
RefSeq NM_000198
UniProt P26439
他のデータ
EC番号 1.1.1.145
遺伝子座 Chr. 1 p13.1

3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイドデヒドロゲナーゼ(3β-hydroxy-Δ5-steroid dehydrogenase, 3-β-HSD)は副腎において、プレグネノロンからプロゲステロン17-ヒドロキシプレグネノロンから17-ヒドロキシプロゲステロンデヒドロエピアンドロステロンからアンドロステンジオンの合成を触媒する酵素である。副腎皮質ホルモンの合成経路では唯一のシトクロムP450ファミリーに属さない酵素である[1]ヒトでは、2種の3-β-HSDアイソザイムHSD3B1およびHSD3B2遺伝子にそれぞれコードされている。

δ5-δ4-イソメラーゼとしても知られ、δ5-3β-ヒドロキシステロイドからδ4-3ケト型への酸化変換を触媒する。したがって、プロゲステロン糖質コルチコイド鉱質コルチコイドアンドロゲンエストロゲンといったステロイドホルモンの生合成に必須な酵素となっている[2]

反応[編集]

3-β-HSDは酸化還元酵素に属し、NAD+またはNADP+を受容体、CH-OH基を供与体として作用する。この酵素はC21ステロイドホルモン代謝および、アンドロゲン・エストロゲン代謝酵素の一つである。

3-β-HSDは次の化学反応を触媒する。

3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイド + NAD+ \rightleftharpoons 3-オキソ-Δ5-ステロイド + NADH + H+

すなわち、この酵素の基質は3β-ヒドロキシ-Δ5-ステロイドとNAD+で、生成物は3-オキソ-Δ5-ステロイドとNADPHとH+である。

アイソザイム[編集]

ヒトには2種の3-β-HSDアイソザイム、HSD3B1 (type I) と HSD3B2 (type II)が発現する[3]。type Iアイソザイムは胎盤と末梢組織で発現し、type IIアイソザイムは副腎卵巣睾丸で発現する。

名称[編集]

この酵素の組織名は3β-ヒドロキシ-Δ5-steroid:NAD+ 3-oxidoreductaseで、別名に以下のものがある。

  • プロゲステロンレダクターゼ
  • Δ5-3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ
  • 3β-ヒドロキシ-5-エンステロイドデヒドロゲナーゼ
  • 3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ/イソメラーゼ
  • 3β-ヒドロキシ-Δ5-C27-ステロイドデヒドロゲナーゼ/イソメラーゼ
  • 3β-ヒドロキシ-Δ5-C27-ステロイドオキシドレダクターゼ
  • 3β-ヒドロキシ-5-エン-ステロイドオキシドレダクターゼ
  • ステロイド-Δ5-3β-オール デヒドロゲナーゼ
  • 3β-HSDH
  • 5-エン-3-β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼ
  • 3β-ヒドロキシ-5-エン-ステロイドデヒドロゲナーゼ

阻害剤[編集]

3-β-HSDの阻害剤はトリロスタンである[4]

生合成経路[編集]

ヒトのステロイド産生経路。3β-HSDは左側の縦に長い緑色の長方形。 
ラットの副腎皮質ホルモン生合成経路。上から二番目の酵素が3β-HSD。 

脚注[編集]

  1. ^ Cravioto MD, Ulloa-Aguirre A, Bermudez JA, Herrera J, Lisker R, Mendez JP, Perez-Palacios G (August 1986). “A new inherited variant of the 3 beta-hydroxysteroid dehydrogenase-isomerase deficiency syndrome: evidence for the existence of two isoenzymes”. J. Clin. Endocrinol. Metab. 63 (2): 360–7. PMID 3088022. 
  2. ^ Lachance Y, Luu-The V, Labrie C, Simard J, Dumont M, de Launoit Y, Guérin S, Leblanc G, Labrie F (February 1992). “Characterization of human 3 beta-hydroxysteroid dehydrogenase/delta 5-delta 4-isomerase gene and its expression in mammalian cells”. J. Biol. Chem. 267 (5): 3551. PMID 1737804. 
  3. ^ Simard J, Ricketts ML, Gingras S, Soucy P, Feltus FA, Melner MH (June 2005). “Molecular biology of the 3beta-hydroxysteroid dehydrogenase/delta5-delta4 isomerase gene family”. Endocr. Rev. 26 (4): 525–82. doi:10.1210/er.2002-0050. PMID 15632317. 
  4. ^ Cooke GM (April 1996). “Differential effects of trilostane and cyanoketone on the 3 beta-hydroxysteroid dehydrogenase-isomerase reactions in androgen and 16-androstene biosynthetic pathways in the pig testis”. J. Steroid Biochem. Mol. Biol. 58 (1): 95–101. PMID 8809191. 

参考文献[編集]

  • Cheatum SG, Watten JC (1966). “Purification and properties of 3-beta-hydroxysteroid dehydrogenase and delta-5-3-ketosteroid isomerase from bovine corpora lutea”. Biochim. Biophys. Acta. 122: 1–13. PMID 4226148. 
  • Koritz SB (1964). “The conversion of prepnenolone to progesterone by small particle from rat adrenal”. Biochemistry 3: 1098–1102. doi:10.1021/bi00896a015. 
  • Neville AM, Orr, JC and Engel LL (1968). “Delta5-3beta-Hydroxy steroid dehydrogenase activities of bovine adrenal cortex”. Biochem. J. 107: 20.