2003 YN107

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「2003 YN107」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
2003 YN107
仮符号・別名 2003 YN107
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アテン群
発見
発見日 2003年12月20日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 0.989 AU
近日点距離 (q) 0.975 AU
遠日点距離 (Q) 1.003 AU
離心率 (e) 0.014
公転周期 (P) 0.98 年
(359.12 日)
軌道傾斜角 (i) 4.32
近日点引数 (ω) 87.72 度
昇交点黄経 (Ω) 264.43 度
平均近点角 (M) 53.64 度
物理的性質
直径 0.01 – 0.03 km
質量 (~1 – 28) ×106kg
平均密度 2? g/cm3
表面重力 (~3 – 8)
×10−6 m/s2
脱出速度 (~5 – 16)
×10−6 km/s
絶対等級 (H) 26.279
アルベド(反射能) 0.10?
表面温度 ~279 K
■Project ■Template

2003 YN107は、とても小さな地球近傍小惑星の1つである。2003年12月20日にリンカーン研究所のサーベイ (LINEAR) によって、太陽を回る軌道で発見された。直径は約10から30メートルで、流星物質小惑星の分かれ目程度の大きさである。2003 YN107アメリカ航空宇宙局 (NASA) の地球接近天体のリストに載っており、0.0599天文単位まで接近すると見られている。

この小惑星は、地球のようにほとんど円に近い軌道を描いて太陽の周りを回る。公転周期は地球の1年に極めて近い。最も際立った特徴は、1996年から2006年までの間、地球から0.1天文単位(1,500万km)以下の距離を保ったまま、地球の周りを1年かけてゆっくりと回るように動いていたことである。しかし2003 YN107は地球の第2のにはなりえない。これは、地球と軌道が重なる準衛星と呼ばれる天体のうち、最初に見つかったものである。準衛星としては、他に (10563) イジュドゥバル、(54509) YORP(66063) 1998 RO1(85770) 1998 UP1(85990) 1999 JV6などが挙げられる。

1996年以前や2006年以降は、この小惑星は地球の公転軌道に沿った馬蹄形型の軌道を回っていた。これは、2002 AA29の軌道の性質とよく似ている。この種の軌道の変化は、共鳴軌道を回る天体にとってはよくあることらしい。2002 AA29はおよそ600年に1度、準衛星の状態になる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]