2002 AA29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「2002 AA29」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
2002 AA29
2002aa29-orbit.png
地球を固定して描いた2002 AA29の軌道
仮符号・別名 2002 AA29
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アテン群
発見
発見日 2002年1月9日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 0.993 AU
近日点距離 (q) 0.980 AU
遠日点距離 (Q) 1.006 AU
離心率 (e) 0.013
公転周期 (P) 0.99 年
(361.29 日)
軌道傾斜角 (i) 10.75
近日点引数 (ω) 101.51 度
昇交点黄経 (Ω) 106.39 度
平均近点角 (M) 194.61 度
物理的性質
直径 ~0.06 km
質量 ~2.3 ×108 kg
平均密度 2? g/cm3
表面重力 ~1.7 ×10−5 m/s2
脱出速度 ~3.2 ×10−5 km/s
自転周期 0.55 時間
絶対等級 (H) 23.849
アルベド(反射能) 0.1?
表面温度 ~279 K
■Project ■Template

2002 AA29は、2002年1月にリンカーン研究所のサーベイ (LINEAR) によって発見された地球近傍小惑星の一つ。この小惑星は地球とほとんど同じ周期で公転しながら、95年ごとに地球に接近する馬蹄型の軌道をたどる。また600年ごとに軌道が地球と重なり、一時的に準衛星となる。直径は60m程度と計測されている。

2003年1月8日、ここ一世紀ほどで最も地球に近づき、590万kmの距離まで迫った。

プリンストン大学リチャード・ゴットエドワード・ベルブルーノは、この小惑星は原始地球とテイアが衝突したジャイアント・インパクトの際にできたのではないかと考えている。

この軌道のために、この小惑星から探査機でサンプルを採集して地球に持ち帰り、分析を行うのは比較的簡単であると思われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]