(66063) 1998 RO1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(66063) 1998 RO1」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(66063) 1998 RO1
分類 地球近傍小惑星[1]
軌道の種類 地球準衛星
アテン群[1]
水星横断小惑星
金星横断小惑星
地球横断小惑星
火星横断小惑星
発見
発見日 1998年9月14日[1]
発見者 LINEAR[1]
発見方法 自動検出
軌道要素と性質
元期:TDB 2456200.5 (2012年9月30.0日)[1]
軌道長半径 (a) 0.990915379 AU[1]
近日点距離 (q) 0.27741434 AU[1]
遠日点距離 (Q) 1.704416419 AU[1]
離心率 (e) 0.72004235[1]
公転周期 (P) 360.2908890 日[1]
(0.99 年[1])
軌道傾斜角 (i) 022.673708 度[1]
近日点引数 (ω) 151.110850 度[1]
昇交点黄経 (Ω) 351.889121 度[1]
平均近点角 (M) 350.45767 度[1]
前回近日点通過 JED 2456210.05004
(2012年10月9日)
次回近日点通過 JED 2456570.33844[1]
(2013年10月4日[1])
衛星の数 1[2]
物理的性質
直径 800 m[2]
自転周期 2.4924 時間[1]
絶対等級 (H) 17.948 ± 0.54507[1]
別名称
別名称
66063
1998 RO1
1999 SN5[1]
■Project ■Template

(66063) 1998 RO1とは、アテン群に属する地球近傍天体の1つである[1]

概要[編集]

1998 RO1は、近日点距離が水星軌道の内側、遠日点距離は火星軌道の外側にある極端な楕円軌道を持っている。それにもかかわらず、公転周期はほぼ1年であり、地球からみるとまるで衛星のように地球の周りを公転して見える[1]。ただし、力学的な中心は地球ではなく太陽である。このような天体は準衛星と呼ばれている。

1998 RO1の軌道は、水星から火星までの天体に衝突する可能性を潜在的に秘めた天体である。地球には2004年9月26日には138万km(0.0921AU)まで接近した。次にほぼ同じ距離まで接近するのは、2076年9月26日の146万km(0.0975AU)である。水星には0.1AU以内に頻繁に接近し、最も接近するのは2122年4月7日で、977万km(0.0653AU)まで接近する。火星には2065年10月12日にわずか81万4000km(0.00544AU)まで接近する[1]

物理的性質[編集]

1998 RO1は、絶対等級が18等級、推定される直径は800mの小さな小惑星である。自転周期は2時間29分33秒である[1]

衛星[編集]

1998 RO1衛星S/2001 (66063) 1を持つ。直径は400mであり、公転半径はわずか800mであると推定されている[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 66063 (1998 RO1) JPL Small-Body Databese Browser
  2. ^ a b c (66063) 1998 RO1 Johnston's Archive


前の小惑星:
(66062) 1998 RG1
小惑星
(66063) 1998 RO1
次の小惑星:
(66064) 1998 RW4