12番街のラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1915年版表紙

12番街のラグ(じゅうにばんがいのラグ)は1914年ユーディ・L・ボウマンEuday L. Bowman)が作曲したラグタイム曲。曲名はボウマンが出演していたカンザスシティの盛り場「12番街」から採られている。ラグタイム時代にとりわけ有名なベスト・セラーとなった曲である。ルイ・アームストロングからレスター・ヤングまで、多くの様々なアーティスト達が録音してきていて、現在もディキシーランド・ジャズスタンダード・ナンバーとなっている。

ピー・ウィー・ハントPee Wee Hunt)のピアノ録音はビルボード1948年のナンバー・ワン・シングルとなり、300万枚を超す売り上げとなった。これはCapitol Records 15015として同年の3月に売り出されたものである。

作曲者ユーディ・L・ボウマン自身もこの曲を録音して Bowman 11748 として出版した。

この曲の楽式は、「イントロ A A1 イントロ2 A2」である。

この曲は「ジョー・フランクリン・ショー」(the Joe Franklin Show)のテーマ曲として最もよく知られている。

1919年チャーリー・チャップリンによる短編映画『一日の行楽』では、乗船中のシーンで、アフリカ系アメリカ人のバンドがこの曲のポピュラー・ラグのバージョンを演奏しているのを聴くことができる。

さらに最近では、テレビ・シリーズ『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ』のバックグラウンド・ミュージックで、ウクレレのバージョンがよく用いられている。

参考文献[編集]

  • Rags and Ragtime, A Musical History, by David A. Janson and Trebor Jay Tichenor, 1978, Dover Publishing Mineola, NY

外部リンク[編集]