(285263) 1998 QE2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「(285263) 1998 QE2」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
(285263) 1998 QE2
(285263) 1998 QE2, Goldstone, May 30, 2013.jpg
ゴールドストーン深宇宙通信施設が1.3Hz電波領域で撮影した (285263) 1998 QE2。(285263) 1998 QE2 の表面の様子が分かる。右下の明るい点は衛星と推定されている S/2013 (285263) 1 。
分類 小惑星
軌道の種類 アモール群[1]
地球近傍小惑星 (PHA)[1]
金星横断小惑星
地球横断小惑星
火星横断小惑星
発見
発見日 1998年8月19日[1]
発見者 LINEAR[1]
発見方法 自動検出
軌道要素と性質
元期:TDB 2456400.5 (2013年4月18.0日)[1]
軌道長半径 (a) 2.42150921(3) AU[1]
近日点距離 (q) 0.57104464(3) AU[1]
遠日点距離 (Q) 3.80429908(4) AU[1]
離心率 (e) 0.571044644(3)[1]
公転周期 (P) 1376.345969(1) 日[1]
(3.77 年[1])
軌道傾斜角 (i) 012.854230(9) 度[1]
近日点引数 (ω) 345.61225(3) 度[1]
昇交点黄経 (Ω) 250.17155(2) 度[1]
平均近点角 (M) 351.607302(4) 度[1]
EMoid 524万0518.0 km
(0.0350307 AU[1])
前回近日点通過 JED 2456432.58682(1)[1]
(2013年5月20日[1])
次回近日点通過 JED 2457808.93279
(2017年2月24日)
衛星の数 1
物理的性質
直径 2.75 km[2]
質量 1.17 × 1013 kg
平均密度 1.07 g/cm3
自転周期 4時間[3]
絶対等級 (H) 17.073 ± 0.66937[1]
アルベド(反射能) 0.06[2]
別名称
別名称
285263
1998 QE2
1998 QE2
■Project ■Template
S/2013 (285263) 1
分類 小惑星の衛星
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 6.4km[3]
公転周期 (P) 1日8時間[3]
物理的性質
直径 600 m[3]
別名称
別名称
S/2013 (1998 QE2) 1
S/2013 (1998 QE2) 1
■Project ■Template

(285263) 1998 QE2 とは、アモール群に属する、潜在的に危険な小惑星に分類される地球近傍小惑星の1つ[1]衛星 S/2013 (285263) 1 を持つ。

概要[編集]

1998 QE2 は、1998年8月19日リンカーン地球近傍小惑星探査によって発見された[1]絶対等級17.073の小惑星であり[1]、推定される直径は2.75kmである。これは地球に接近する小惑星の中では大型の部類である。アルベドは0.06と暗く、表面が黒っぽい物質で覆われていると考えられている[2]。その事から、かつてこの小惑星は彗星であった可能性もあるが、不明である[4]。自転周期は4時間である[3]。また、後述する衛星の軌道の性質から、質量は117億トン、完全な球体と仮定した場合の平均密度は1.07 g/cm3である。

軌道の性質[編集]

1998 QE2 の軌道と2013年5月31日における位置。

1998 QE2 は、近日点距離が水星軌道と金星軌道の中間付近、遠日点距離は火星軌道を超えて小惑星帯に位置する楕円軌道を3.77年周期で公転している。地球の公転軌道との最小距離 (EMoid) は0.035AUである。これは直径と併せ、潜在的に危険な小惑星に分類される要件を満たしている。また、軌道が詳細に分かっており、2011年9月12日小惑星番号285263番を与えられている[1]

発見より後の時期で接近した、協定世界時2013年5月31日20時59分の地球への接近は、1900年から2200年の間で最も地球に接近したものである。最小距離は約586万km (0.0392AU) である[1]。このときの見かけの等級は約11であった[2]

衛星[編集]

2013年5月31日の地球への接近を機会に5月29日ゴールドストーン深宇宙通信施設が 1998 QE2電波領域での観測を行った。その結果、1998 QE2 のある程度の形状が判明したほか、1998 QE2 のすぐ近傍に新たな天体が見つかった。約600mの直径を有すると推定されるその天体は、その距離から 1998 QE2衛星であると推定された。衛星の仮符号を用いると、名称は S/2013 (285263) 1 となる[5]

なお、電波領域での画像では、S/2013 (285263) 1 は 1998 QE2 よりも明るく写っているが、これは S/2013 (285263) 1 のアルベドが 1998 QE2 と比較して高い事を示しているのではなく、S/2013 (285263) 1 の公転周期が 1998 QE2 の自転周期と比べて早く移動しているため、ドップラー効果で電波強度が強くなっているからである[5]。観測データを分析した結果、1998 QE2 から6.4km離れた位置を32時間かけて公転していると推定されている[3]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]


前の小惑星:
(285262) 1998 MQ36
小惑星
(285263) 1998 QE2
次の小惑星:
(285264) 1998 FQ5