黒瀬陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黒瀬 陽平(くろせ ようへい、1983年5月10日 - [1]は日本の美術家[2]、美術批評家[3]、アニメ評論家[3]、美術予備校・新宿美術学院教師[3][4]。『REVIEW HOUSE』編集委員。

略歴[編集]

高知県生まれ。2006年京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科卒業2008年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程修了。[5]同博士後期課程在籍[6]

荻上チキとのインタビューによると、高知県の県展で高校1年生にて最年少入選し、3年生にて洋画、デザイン、立体の3部門を「制覇」した、という(それぞれの部門で入選しただけで、受賞などはしていない。)[7]

2008年3月に『レビューハウス』創刊号に寄稿。4月に『思想地図』vol.1の公募論文が東浩紀の目に留まり美術批評家デビュー[8]

2010年4月に「カオス*ラウンジ宣言」を行った[2]。宣言では、現代アートのあり方について「アートに神秘性などない。人間の知性も感性も内面も、すべては工学的に記述可能である。」などと批評した[9]。2009年3月初出展の「カオス*ラウンジ」の代表は、当初、藤城嘘が務めていたが[10]、現在では、黒瀬が務めている[3][11]

2010年、『文學界』にて新人小説月評を担当。同年、「芸大不合格者展」構想を提案。東京藝術大学の試験で落ちた受験生のデッサンや絵画を展示し、そのクオリティがいかに高いかを主張するものであり、東浩紀村上隆らと、現代アートにおけるクリエイターの育成に芸大美大がどう関わり、どんな問題を抱えているか論争した。

活動[編集]

  • NO BORDER展(高知県立美術館、2002年)
  • 個展(立体ギャラリー射手座、2004年)
  • 京都アートアニュアル2004(京都造形芸術大学、2004年)
  • カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷(東京、2010年)

著書[編集]

  • 『情報社会の情念―クリエイティブの条件を問う』NHKブックス 2013

論文[編集]

  • 「『らき☆すた』──空転するメタ意識」(『REVIEW HOUSE』01、2008.03)
  • 「キャラクターが、見ている。──アニメ表現論序説」(『思想地図』vol.1、2008.04)
  • 「新しい「風景」の誕生──セカイ系物語と情念定型」(『思想地図』vol.4、2009.11)

脚注[編集]

  1. ^ Twitter - @黒瀬陽平 黒瀬陽平、1983年5月10日生まれ、A型、おうし座 ...」 黒瀬陽平、2010年5月10日。
  2. ^ a b 萌えアートを斬る!(アライ=ヒロユキ)」 週刊金曜日ニュース、2010年11月2日。
  3. ^ a b c d 黒瀬陽平 (kaichoo) は Twitter を利用しています」 黒瀬陽平、2011年5月27日閲覧。
  4. ^ http://twitter.com/#!/kaichoo/statuses/50820758821289984
  5. ^ 黒瀬陽平」 CHAOSLOUNGE official web、2011年5月27日閲覧。
  6. ^ 本日池尻でイベントです!!」 KAI-YOU、2011年6月16日。
  7. ^ ハッキングされる美術批評 ──黒瀬陽平さんロングインタビュー」 荻上式BLOG、2008年7月17日。
  8. ^ 暮沢剛巳 『キャラクター文化入門』 NTT出版、2010年、44-45頁。
  9. ^ Info」 CHAOSLOUNGE official web、2011年5月27日閲覧。
  10. ^ 50人の作展示とライブペインティング空間『カオス*ラウンジ』」 POST POPPERS -ポストポッパーズのブログ、2009年2月10日。
  11. ^ 季刊・電撃大王GENESIS最新号、芸術の秋も攻め姿勢」 コミックナタリー、2010年10月19日。

外部リンク[編集]