鶏冠石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶏冠石
鶏冠石
分類 硫化鉱物
化学式 As4S4
結晶系 単斜晶系
へき開 一方向に明瞭
モース硬度 1.5-2
光沢 樹脂光沢
条痕 橙赤
比重 3.5
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

鶏冠石(けいかんせき、realgar)は、ヒ素硫化鉱物である。化学組成:As4S4晶系単斜晶系比重:3.5、モース硬度:1.5-2。

名称はアラビア語のrahjal lghar に由来する。 中医学では雄黄(orpiment、As2S3)と混同されることがある。かつては花火着色料などとして雄黄と共に採掘されていた。中国語では雄黄はrealgar(鶏冠石)を指す[1]が、日本語ではorpimentを指す[2]

湿気などに弱く、光に長い間さらされると同質異像のパラ鶏冠石(Pararealgar)に変化する。

産出地は、ドイツのフライベルタ、メキシコのザカテカス、イタリアのコルシカ、ルーマニアのカブニックとサカラム、米国のユタ州とネバタ州、ワシントン州などがよく知られており、日本では、群馬県西牧、青森県恐山、北海道手稲鉱山などから産出する。[3]

鶏冠石の結晶構造

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ zh:雄黄を参照。
  2. ^ 文部省学術奨励審議会学術用語分科審議会編 『学術用語集 採鉱ヤ金学編』 日本鉱業会、1954年(オンライン学術用語集) ほか。
  3. ^ ロナルド・ルイス・ボネウィッツ著、青木正博訳 『ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑』 誠文堂新光社 2007年 134ページ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]