多形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多形(たけい、英: polymorphism)

  1. 化学の用語で、同じ組成の化学物質に、多くの結晶形が存在すること。以下に述べる。
  2. 生物学の用語で、同じ種の生物に、多くの形態、形質の個体が存在すること。アリハチなどに見られる。多型参照。

化学、物質科学、材料科学において多形とは、ある化学物質が、同一の化学組成であるにもかかわらず、複数の異なる結晶形を取る現象のこと。同質異像(どうしついぞう)ともいう。たとえば、グラファイト(石墨)とダイヤモンドは同じ化学組成(C 炭素のみより成る)だが、結晶系は、それぞれ六方晶系等軸晶系と、異なる結晶形である。

多形性を示す物質がどのような結晶形をとるかは、結晶が生成するときの条件(温度圧力溶媒、生成速度など)に依存する。

関連項目[編集]