鳴釜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「鳴釜」

鳴釜(なりかま、なりがま)または釜鳴(かまなり)[1]は、鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪[2]付喪神(器物が変化した妖怪)の一種[3]

概要[編集]

をかぶった毛むくじゃらの姿の妖怪が、絵馬を手にして吉凶を占っているような姿で描かれている[2][3]岡山県吉備津神社鳴釜神事が由来とされる。同神事は、かつて吉備津彦命に討たれた温羅が人々に託宣を下す神となり、釜の音で吉凶が告げられるようになったことが始まりという説があるが、妖怪の鳴釜はこの伝説をもとに、温羅を釜の付喪神として描いたものだといい[2]、釜を妖怪視して描いたとの説もある[4]

上記の話と同様に、釜の音で吉凶を占う話は他にもある。ある農民が石櫃に入った釜を掘り出した。その釜でお湯を沸かすときに音が鳴ることがあり、その日はいつも雨が降った。それから天気を当てる釜として有名になったという[5]

また室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも釜の妖怪が描かれており、これがモデルになったともいわれている[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日野巌・日野綏彦 「日本妖怪変化語彙」『動物妖怪譚』下、村上健司校訂、中央公論新社中公文庫〉、2006年、249-250頁。ISBN 978-4-12-204792-1
  2. ^ a b c d 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、250頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ a b 草野巧・戸部民夫 『日本妖怪博物館』 新紀元社1994年、128頁。ISBN 978-4-88317-240-5
  4. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、120頁。ISBN 978-4-344-81486-8
  5. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑』II、講談社〈講談社まんが百科〉、1996年、1頁。ISBN 978-4-06-259041-9

関連項目[編集]