高凌イ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「高凌霨」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
高凌霨
高凌霨.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1870年9月12日
同治9年8月17日)
死去: 1940年民国29年)3月4日
Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 中華民国北京特別市
出身地: 清の旗 直隷省天津府天津県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 高凌霨
簡体字 高凌霨
拼音 Gāo LíngWèi
通用拼音 Gāo LíngWèi
注音符号 ㄍㄠ ㄌ|ㄥˊ ㄨㄟˋ
注音二式 Gāu LíngWèi
和名表記: こう りょうい
発音転記: ガオ リンウェイ
ラテン字 Kao Ling-wei
テンプレートを表示

高 凌霨(こう りょうい)は清末中華民国の政治家。北京政府では直隷派に近く、代理国務総理などを務めた高官である。また、後に親日政権である中華民国臨時政府に参加した。澤畬。号は蒼松

事績[編集]

親直隷派高官[編集]

1894年光緒20年)に挙人となる。湖北省に赴任し、啓新書院中学堂副監督、湖北武備学堂監督、湖北省立造幣廠総弁を歴任した。1908年(光緒34年)2月、湖広総督張之洞の推薦により、高凌霨は湖北提学使に昇進する。1910年宣統2年)9月、湖北布政使に昇進した。1911年(宣統3年)10月の武昌起義の際には、上海へ避難している。

1912年民国元年)、高凌霨は共和党に加入し、その幹事となった。1913年(民国2年)より、北京政府の命により国内各省の銀行の改組について事務を担当する。さらに、署直隷省財政司司長兼直隷省征税調査処及国税籌備処処長に就任した。この時、保定に駐屯していた陸軍第3師師長曹錕と親交を結んでいる。翌年4月、奉天省に移り、都督張錫鑾の高等顧問に就任した。

1917年(民国6年)、直隷省から参議院議員に選出された。1920年(民国9年)、靳雲鵬内閣で農商部次長に就任したが、内閣自体が短期で崩壊している。1921年(民国10年)10月、曹錕の推薦により、財政総長に就任(後に塩務署督弁、幣制局督弁も兼任)した。顔恵慶臨時内閣、梁士詒内閣では内務総長に就いた。

1922年(民国11年)6月、交通総長も兼任した。しかしまもなく直隷派内部で呉佩孚率いる「洛派」と曹錕率いる「津保派」との間で派閥対立が発生する。「津保派」と目されていた高凌霨は、呉の圧力を受ける形で辞任した。それでも曹の後押しにより、その後も財政総長、農商総長、内務総長を歴任している。

1923年(民国12年)6月14日、張紹曽の後任として、高凌霨は、内務総長兼暫行代理国務総理となる。高は曹錕の総統選出を政治的に支援し、10月、曹は総統に選出された。しかし、この選出は「賄選」と称されるほどの腐敗した過程によるものであり、その責任者として高は糾弾され、曹もやむなく高を罷免した。結局、高は、正式に総理となれないまま代理総理を罷免されたのである。

中華民国臨時政府への参加[編集]

1926年(民国15年)以降、天津の日本租界に隠居する一方で、日本との政治的交流を深めている。1931年(民国20年)、天津で段祺瑞王揖唐とともに「中日密教研究会」を組織した。その実態は日本との政治的連携を密かに進めるものであった。その後も、「救済華北経済委員会」、「東亜経済協会」など対日協力組織に参加した。1935年(民国24年)末に、冀察政務委員会委員に就任している。

1937年(民国26年)に日本が北平・天津を占領すると、高凌霨は天津治安維持会を組織して日本に協力した。同年12月、王克敏らと協議して親日政権の組織を開始する。同月14日、中華民国臨時政府が成立した。高は、天津特別市長を経て、議政委員会委員兼河北省省長に就任した。しかし、翌年5月に銃撃に遭うなどし、政務への意欲を削がれたのか、1939年(民国28年)に辞任して北平に引退した。

1940年民国29年)3月4日、北京特別市で心臓病のため死去[1]。享年71(満69歳)。

[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1940年3月5日による。徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は1939年死去、張樹勇「高凌霨」は1943年(民国32年)2月死去、としている。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
李士偉
財政総長
1921年10月 - 12月
次代:
張弧
先代:
斉耀珊
内務総長
1921年12月 - 1922年6月
次代:
譚延闓
先代:
葉恭綽
交通総長(署理)
1922年5月
次代:
高恩洪
先代:
董康
財政総長(就任せず)
1922年8月 - 9月
張英華が代理)
次代:
羅文幹
先代:
盧信
農商総長(署理)
1922年9月 - 11月
次代:
李根源
先代:
孫丹林
内務総長(署理)
1922年11月 - 1924年1月
次代:
程克
先代:
張紹曽
代理国務総理
1923年6月 - 1924年1月
次代:
孫宝琦
先代:
黎元洪
大総統(摂政)
1923年6月 - 10月
次代:
曹錕
先代:
顔恵慶
農商総長(署理)
1924年9月 - 10月
次代:
王迺斌
先代:
楊文愷
農商総長(署理)
1926年5月
次代:
楊文愷
Flag of the Republic of China 1912-1928.svg 中華民国臨時政府
先代:
(創設)
天津特別市長
1937年12月 - 1938年1月
次代:
潘毓桂
先代:
(創設)
河北省長
1938年1月 - 1939年6月
次代:
呉賛周