面舵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

面舵(おもかじ)とは、船舶の航行において、進行方向を転ずること。

実際の操船では“おもーかーじ”と発声する。

語源[編集]

十二支(東)の方向に舵をとることから、卯の舵(うのかじ)が徐々に転じて面舵(おもかじ)と呼ばれるようになったとされる[1]

別の説としては、以下のものがある。昔は、舵柄を持って船尾で操舵しており、操舵する人が船に対して、面側に舵を切ることを面舵、舵を取る方向に舵を切ることを取り舵と言った。そして、かつては左側を前、右手を後に舵柄を持つことが多かったが、この場合、面舵は現在とは逆に左に向く事を指した。方位盤や操舵輪が用いられるようになって、近年では面舵が右に向く方向に舵を切ることを指すようになった[要出典]

英語ではStarboard(スターボード)という。これは、昔の船では舵を取るための板(Steer Board(ステアボード))が右舷に設けられており、これが訛って右舷側に舵を取ることをStarboard(スターボード)と呼ぶようになったとされる[1]また、左舷を港側にして接岸した際に右舷が星空を向くことからつけられたという説もある[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ a b マリレ情報よろず屋 第2号 (PDF) 海上保安庁第二管区海上保安本部マリンレジャー安全推進室、2012年9月

関連項目[編集]