鉄ワン・アンダードッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鉄ワン・アンダードッグ
Underdog
監督 フレデリック・デュショー
脚本 アダム・リフキン
ジョー・ピスカッテラ
グレイグ・A・ウィリアムズ
製作 ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
ジェイ・ポルステイン
ジョナサン・グリックマン
製作総指揮 エリック・エレンボーゲン
ボブ・ヒギンズ
トッド・アーノウ
出演者 アレックス・ニューバーガー
ジム・ベラーシ
ピーター・ディンクレイジ
音楽 ランディ・エデルマン
撮影 デヴィッド・エグビー
編集 トム・フィナン
製作会社 スパイグラス・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗カナダの旗日本の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2007年8月3日
日本の旗 2009年5月20日 (DVDのプレミア)
上映時間 82分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $65,270,477[1]
テンプレートを表示

鉄ワン・アンダードッグ』(てつワン・アンダードッグ、原題:Underdog)は、2007年アメリカ映画1964年から1974年まで放送されたテレビアニメウルトラわんちゃん』を実写映画化。

日本では劇場未公開、2009年5月にDVDが発売。2010年現在、WOWOWなどで放送されている。

ストーリー[編集]

落ちこぼれてしまった警察犬シューシャイン。しかしドジをして野良犬と間違われて捕獲され、バーシニスター博士の研究室に連行される。シューシャインは逃げだそうと暴れて薬品棚に激突し、博士が開発していた薬を浴びて超能力を持つようになってしまった。やがて脱走したシューシャインは、偶然飼い主となった少年ジャックの力を借り、ヒーロー犬「アンダードック」(負け犬の意味)として、平和を守るために活躍し始める。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Underdog (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]