遠藤直経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
遠藤直経
Endo Naotsune2.jpg
「太平記英勇傳 ・遠藤儀右衛門政忠(歌川国芳作)」
時代 戦国時代
生誕 享禄4年(1531年
死没 元亀元年6月28日1570年8月9日
別名 通称:喜右衛門または喜右衛門尉
主君 浅井久政長政
氏族 遠藤氏
父母 父:遠藤主膳
孫作、喜三郎[1]仁兵衛

遠藤 直経(えんどう なおつね、享禄4年(1531年[2]) - 元亀元年6月28日1570年8月9日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将浅井長政の家臣で、知勇兼備の謀将として知られる。通称喜右衛門(きえもん)は直経であるが、史料・講談等では遠藤喜右衛門の名で登場する。

生涯[編集]

遠藤氏の先祖は、鎌倉武士の出身といわれ鎌倉時代に近江に所領を得て下向したとされている。直経は近江国坂田郡山東町の柏原庄の出身。代々須川山一帯をおさめ須川城を居とした。赤尾氏などと同様、浅井氏が京極氏被官であった頃以来の譜代の家臣であった。

小谷城下の清水谷に居館を持つことを許されており、直経自身は子に居城を任せ館に在番していた。直経は浅井長政の傅役的存在で長政が幼い頃から相談役を務めてきた。そのため長政からの信頼が厚く、長政が六角氏攻めを決意するに当たり真っ先に相談をしたのが直経と浅井玄蕃だった。

また、史料的な裏付けはないが、直経は伊賀の忍者とも関係があったといわれ、浅井家の諜報活動を担ったという説がある[3]

早くから織田信長の底知れぬ才能を見抜き、永禄11年(1568年)、まだ浅井家と織田家が同盟関係にあった時、近江佐和山城を訪れた信長の接待役を命じられていた直経は、信長暗殺計画を長政に進言した。しかし、長政(または久政)は毒殺は信義に反するとしてそれを受け入れず、直経も主君の命に背くわけにはいかずに、結局暗殺計画は未遂に終わった。

朝倉氏と織田氏との関係が悪化すると朝倉との旧縁を重んじるべきか、織田との婚姻関係を重んじるべきかの決断を迫られていた際、直経は織田側につくべきであると強硬に主張した。これには朝倉家当主の朝倉義景の優柔不断な対応に直経が愛想を尽かしていたことに加え、浅井側の重臣として信長と接するうちに信長の内政外交の手腕を高く評価するようになったという事情があった。結果的に長政の父・久政らの朝倉側につくべきとする意見を長政が採用したことから、またも直経の進言はいれられなかった。

元亀元年(1570年)の姉川の戦いで、浅井軍総崩れとなって大敗が濃厚となった後、直経は味方武将三田村左衛門の首級を掲げて織田の武将に成りすまして敵陣に入り、信長の暗殺を謀った。しかし本陣の信長まで手前数十メートルのところで竹中重治の弟・竹中久作(重矩)またはその後見として参加していた不破矢足に見抜かれてしまい、捕らえられ斬首され、その首は竹中久作の手柄となった。竹中兄弟は以前美濃国斎藤家を離れた後、客分として浅井家中にあった時期があり、浅井家の重臣である直経の風貌を知っていたためといわれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宇喜多氏の家臣遠藤俊通(遠藤喜三郎)とは別人。
  2. ^ 享禄4年生まれという説があるが、それだと長政の傅役としては若すぎるので、近習であったか、生年が異なる可能性がある。
  3. ^ 何故近江の甲賀ではなく伊賀なのかというと、甲賀は六角氏の支配下にあったため六角氏との関係が深く、甲賀の忍者衆と関係をもつことが出来なかったからである。そのため近江から離れた伊賀衆と関係をもっていたとされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]