運命の恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

運命の恋人』(うんめいのこいびと)は、宮脇明子による日本漫画作品、およびそれを原作としたテレビドラマ

漫画[編集]

コーラス』(集英社)にて1995年から1996年にかけて連載された。単行本は1996年にYOUNG YOUコミックスから全2巻で発売され、2004年には番外編「ファミリートゥリー(家系図)」を同時収録した集英社文庫(コミック版 ISBN 978-4086182409)が発売されている。

ストーリー[編集]

本作は、拉致監禁と、その被害者加害者心理をテーマに扱った作品である。

高校に入学した澪生は、友人の誘いで、美形の美術教師・加賀見が顧問を務める美術部に入部する。しかし、加賀見の視線に異様なものを感じ、澪生は不安に駆られていた。そして、ある日ついに、偽って加賀見の自宅に連れ込まれ、地下室に監禁されてしまう。加賀見は澪生を自分の運命の恋人だと言い張り、それを受け入れるまで監禁を続けると宣言するが、そんな言い分は澪生には到底受け入れられない。さまざまな方法で脱出を試みる澪生だったが、時の経過とともに、やがて心境に変化が生じていく……。

登場人物[編集]

斉藤澪生(さいとう みお)
主人公の少女。高校1年生、15歳。父親は亡くなっており、マンションに母親と妹の3人暮らし。
加賀見準(かがみ じゅん)
澪生たちが通う高校の美術教師。大地主の息子だが、両親は早世し、大きな屋敷に一人暮らし。以前、一度結婚していた。
中井加奈(なかい かな)
澪生の友達で、クラスメート。家出とされていた澪生の失踪に不審感を抱く。
小津和雄(おづ かずお)
澪生たちと同じ美術部員。加賀見の近所に住む。
大場香(おおば かおり)
英語教師。加賀見に気があり、言い寄っている。アダ名は、名前をもじって「大バカ」。
十和子(とわこ)
加賀見の元妻。
山口保(やまぐち たもつ)
澪生のマンションの向かいに住むカメラマン。不審死を遂げる。
辻安兵衛
山口の事件を捜査する刑事。
小津トメ(おづ トメ)
加賀見邸に出入りする家政婦。和雄の祖母。

テレビドラマ[編集]

運命の恋人
ジャンル テレビドラマ
放送時間 (55分)
放送期間 1997年12月22日 - 1997年12月23日(2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 片岡K
原作 宮脇明子
脚本 片岡K
プロデューサー 五十嵐文郎
新井英文
松田敦子
出演者 夏生ゆうな
大浦龍宇一
広岡由里子
もたいまさこ
吉野紗香
田口トモロヲ
野村祐人
中村麻美
山崎裕里
中村俊介
外部リンク 株式会社テレビ朝日
テンプレートを表示

1997年平成9年)12月22日・23日にテレビ朝日系列で二夜連続のクリスマス・スペシャルとして放映されたドラマ。放映時間は23:55-24:50。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]