車輪の下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

車輪の下』(しゃりんのした、独語:UNTERM RAD)は、ヘルマン・ヘッセ長編小説1905年に発表された。なお、邦訳本によっては『車輪の下』や『車輪の下』と題するものもある。

周りの人々から期待され、その期待に踏み潰されてしまった少年の姿を描く自伝的小説。日本では、ヘッセの作品の中で最も有名な作品である。題名の「車輪」は、主人公の少年を押しつぶす社会の仕組みを表現している。

作品[編集]

あらすじ[編集]

天才的な才能を持ち育ったハンスという少年は、エリート養成学校である神学校に2位の成績で合格する。町中の人々から将来を嘱望されるものの、神学校の仲間と触れ合ううちに、勉学一筋に生きてきた自らの生き方に疑問を感じる。そして周囲の期待に応えるために自らの欲望を押し殺してきた果てに、ハンスの細い心身は疲弊していく。勉強に対するやる気を失い、ついに神学校を退学する。

その後機械工となり出直そうとするが、挫折感と、昔ともに学んだ同級生への劣等感から自暴自棄となり、慣れないに酔って川に落ち溺死する。

背景[編集]

ヘッセは少年時代の神学校在学時に、「詩人になれないのなら何にもなりたくない」と悩み、不眠症ノイローゼに陥ってしまった。結局学校を退学し、精神療養をして高校に転校する。しかし自らがどうしたら詩人になれるのか悩み、再び高校を辞め、本屋の見習いとなったが、三日で諦め、消息を絶ってしまった。

主人公・ハンスは、周りの期待に応えられず、自殺するところとなるのだが、一方でヘッセには母親がいて、これがヘッセの立ち直るきっかけとなった。ハンスには彼女がおらず、ここが小説と事実との大きな違いである。

邦訳[編集]

本作は複数の日本語訳版が出版されている。中でもヘッセ作品を最初に日本に紹介し、また自身もヘッセに面会したことのある高橋健二が訳したものが最も有名である。