豫園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豫園
20090510 Shanghai Yuyan 6573.jpg
豫園
各種表記
繁体字 豫園
簡体字 豫园
拼音 Yùyuán
注音符号 ㄩˋ ㄩㄢˊ
発音: ユーユェン
英文 YU YUAN
テンプレートを表示

豫園(よえん)は中華人民共和国上海市黄浦区安仁街に位置する明代庭園

「豫」は愉を示し、すなわち「楽しい園」という意。面積は約2万m²。もとは四川布政使(四川省長にあたる)の役人であった潘允端が、刑部尚書だった父の潘恩のために贈った庭園で、1559年嘉靖38年)から1577年万暦5年)の18年の歳月を費やし造営された。完成した時には父は没していたといわれる。清代初頭、潘氏が衰えると荒廃するが、1760年乾隆25年)、上海の有力者たちにより再建され、豫園は南に隣接する上海城隍廟の廟園となり「西園」と改称された。当時は現在の2倍の広さがあった。1853年咸豊3年)園内の点春楼に小刀会の司令部が置かれた。1956年、西園の約半分を庭園として改修整備し現在の豫園となる。残りの部分が豫園商城となる。1961年に一般開放され、1982年国務院により全国重点文物保護単位となる。入園には大人30元。子供10元。

装飾や様式は伝統的(中華-上海的)でありつつ、周辺は中華的な高層建築物が並んでおり、観光地として豫園商城と呼ばれている。お土産物店や飲食店が軒を連ね、小籠包の本家を名乗る南翔饅頭店などがある。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯31度13分45秒 東経121度29分15秒 / 北緯31.22917度 東経121.48750度 / 31.22917; 121.48750