角谷静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
角谷 静夫
(かくたに しずお)
人物情報
生誕 1911年8月28日
大阪府
死没 2004年8月17日(満92歳没)
アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン
出身校 東北帝国大学理学部数学科卒
学問
研究分野 数学
研究機関 大阪帝国大学プリンストン高等研究所イリノイ大学イェール大学
主な業績 複素解析位相群関数解析不動点定理マルコフ過程測度論ブラウン運動エルゴード理論
影響を
受けた人物
フォン・ノイマンポール・ハルモスポール・エルデシュ
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

角谷 静夫(かくたに しずお、1911年(明治44年)8月28日 - 2004年(平成16年)8月17日 )は日本の数学者イェール大学名誉教授。娘は文芸批評家の角谷美智子

来歴[編集]

大阪府生まれ。東北帝国大学理学部数学科卒。

業績[編集]

1941年(昭和16年)に不動点定理を発表。角谷の不動点定理はブラウワーの不動点定理を一般化したものであった。経済学ゲーム理論において、角谷の不動点定理は現在でも頻繁に使われている。特に、ゲーム理論においてはナッシュ均衡の存在を示すために、経済学においては一般均衡解の存在を示すために、角谷の不動点定理は決定的な役割を果たした。1950年にはICMにおいて、全体講演者として招聘された。

エピソード[編集]

1941年(昭和16年)8月14日、ポール・エルデシュアーサー・ストーンら3人と連れ立ってドライブ[1]。ニューヨーク州ロングアイランドの立ち入り禁止区域に侵入して散歩している所を無線局の職員が通報、FBIの取り調べで数学者と判明し当日夜に解放。『デイリー・ニューズ』紙に「間諜3人組」の誤記事が掲載された[2]

脚注[編集]

  1. ^ ホフマン 2011の口絵に当日の写真が掲載されている。
  2. ^ ホフマン 2011、pp.146 ff

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]