親愛なるパパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
親愛なるパパ
Caro papà
監督 ディーノ・リージ
脚本 ベルナルディーノ・ザッポーニ
マルコ・リージ
ディーノ・リージ
台詞 シモン・ミズラヒ
製作 ジャン=ピエール・ブールボー
リシャール・エルマン
製作総指揮 ピオ・アンドレッティ
アドリアーノ・デ・ミケーリ
出演者 ヴィットリオ・ガスマン
音楽 マヌエル・デ・シーカ
撮影 トニーノ・デリ・コリ
編集 アルベルト・ガッリッティ
製作会社 イタリアの旗 ディーン・フィルム
フランスの旗 AMLF
カナダの旗 レ・フィルム・プロスペック
配給 フランスの旗 AMLF
公開 イタリアの旗 1979年4月11日
フランスの旗 1979年9月19日
カナダの旗 1980年2月29日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 110分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
言語 イタリア語
テンプレートを表示

親愛なるパパ』(しんあいなるパパ、イタリア語: Caro papà)は、1979年(昭和54年)製作・公開、ディーノ・リージ監督のイタリアフランス合作映画である[1][2]イタリア式コメディの1作、第32回カンヌ国際映画祭特別招待作品[1]

略歴・概要[編集]

本作は、1978年(昭和53年)、ピオ・アンドレッティアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリアの製作会社ディーン・フィルムが、フランスの映画会社AMLFおよびカナダの製作会社レ・フィルム・プロスペックと提携して製作を開始、同年10月23日 - 同年12月16日にスイスジュネーヴカナダケベック州モントリオール、イタリアのローマ市内等でのロケーション撮影、同市内のINCIR=デ・パオリス撮影所でセット撮影を行い、完成した[1]

1979年4月11日にイタリア国内で公開され[1][2]、同年5月10日 - 24日に開催された第32回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、パルムドールを競ったが、ステファーノ・マディアが助演男優賞を獲得する結果に終わった[1]。同年のダヴィド・ディ・ドナテッロ賞ヴィットリオ・ガスマンが主演男優賞を獲得した[1]

日本では、本作に関してはイタリア文化会館等での上映を除いては劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラムも発売されていない[3][4]

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f Caro papà, Internet Movie Database (英語), 2010年9月17日閲覧。
  2. ^ a b Caro Papà, allmovie (英語), 2010年9月17日閲覧。
  3. ^ ディーノ・リージキネマ旬報映画データベース、2010年9月17日閲覧。
  4. ^ ディノ・リージallcinema ONLINE, 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ Luciano Ricceri - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月17日閲覧。
  6. ^ Alberto Gallitti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]