虎隠良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「虎隠良」

虎隠良(こいんりょう)は、鳥山石燕による江戸時代の妖怪画集『百器徒然袋』に描かれている日本の妖怪。槍毛長禅釜尚と共に描かれている(百器徒然袋#中を参照)。

概要[編集]

石燕の解説文には「にて製したるきんちゃく」とあり、脚はとても早く、千里を走るよう(とても早い)であるという。また、虎隠良は熊手のようなものを持った姿で描かれているが、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にも同様に熊手を持った姿勢の妖怪が描かれており、石燕はこれをモデルに虎隠良を描いたとも考えられている[1]

その「いんりょう」という名前から、トラの皮で作られた印籠(いんろう)[1]の妖怪かとの説もあるが、詳しい事はわかっていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、284頁。ISBN 978-4-336-03386-4

関連項目[編集]