禅釜尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「禅釜尚」

禅釜尚(ぜんふしょう)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本の妖怪の一つで、茶釜の妖怪。

概要[編集]

茶釜を頭部に頂いた、人間に近い姿をした妖怪である。器物の妖怪が数ある中、釜は「吉備津の御釜占い」など吉兆を見極める占いに使用されるなど、器物の中でも特に神聖なものとされている[1]

妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、これは草むらに隠れて近くを通る人の前に現れて驚かすもので、引き返せば何もしないが、前に進むと鋭い爪でひっかくという[2]付喪神(器物が変化した妖怪)の一種との解釈もある[1]

画図では槍毛長虎隠良という妖怪が禅釜尚と共に描かれているが、禅釜尚との関連性は不明[1]百器徒然袋#中を参照)。

また、槍毛長と虎隠良は琴古主などと同様、室町時代の『百鬼夜行絵巻』にある妖怪がデザイン上のモチーフとされているが、禅釜尚のみは石燕のオリジナルらしい[3]

茶道禅宗と深く関連しているため、「禅釜尚(ぜんふしょう)」の名は「和尚(ぜんおしょう)」をもじっているとの説もある[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 水木しげる妖鬼化』5、Softgarage2004年、120頁。ISBN 978-4-86133-027-8
  2. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑』 講談社〈講談社まんが百科〉、1994年、6頁。ISBN 978-4-06-259008-2
  3. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、203頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  4. ^ 妖怪ドットコム 『図説 妖怪辞典』 幻冬舎コミックス2008年、120頁。ISBN 978-4-344-81486-8

関連項目[編集]