藤堂竜白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤堂竜白 プロフィール

  • 初出作品: 龍虎の拳
  • 格闘スタイル:  
    • 古武術(龍虎の拳)
    • 藤堂流古武術(カプエス2)
  • 出身地: 日本の旗 日本広島県(カプエス2))
  • 誕生日:  
  • 身長:  
    • 174cm(龍虎の拳)
    • 172cm(カプエス2)
  • 体重:  
    • 65kg(龍虎の拳)
    • 70kg(カプエス2)
  • 血液型:  
    • A型(龍虎の拳)
    • O型(カプエス2)
  • 好きなもの:  
    • 梅干し(龍虎の拳)
    • おでん、日本酒(カプエス2)
  • 趣味: 洗濯、カラオケ(カプエス2)
  • 大切なもの:  
    • 大和魂(龍虎の拳)
    • 家族、藤堂流(カプエス2)
  • 嫌いなもの:  
    • 生意気な若造(龍虎の拳)
    • タクマ・サカザキ、最近の若者(カプエス2)
  • 特技: 俳句(龍虎の拳)
  • 得意スポーツ: 古式泳法、流鏑馬、縄跳び(カプエス2)
  • 年齢: 46歳(龍虎の拳)
  • 好きな音楽ジャンル: 演歌一筋(龍虎の拳)
  • 好きな言葉: なせばなる、なさねばならぬ何事も(龍虎の拳)
  • キャッチコピー:  
    • 日本古武術の伝承者(龍虎の拳)
    • 武芸一徹(カプエス2)
  • 関連キャラクター: 香澄 - タクマ

藤堂 竜白(とうどう りゅうはく)は、SNKSNKプレイモア)の対戦型格闘ゲーム龍虎の拳』などに登場する架空の人物。

概要[編集]

藤堂流古武術の使い手であったが、タクマ・サカザキに敗れる。その後、タクマと決着を付けるついでに自分の流派を世界に広めるためにアメリカのサウスタウンに渡った。しかし、『龍虎の拳』(以下『龍虎』と表記)においてリョウ・サカザキに敗北し、その直後に消息不明となる(『ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝』でこの末路が判明した)。

『龍虎の拳2』に前作から全てのキャラクターが登場する中で藤堂のみ登場せず[1]、以後は『ザ・キング・オブ・ファイターズ』など様々な作品において背景キャラクターとして登場する。

後に、カプコンとのクロスオーバー作品『CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001』(以下『カプエス2』と表記)ではプレイヤーキャラクターとして再登場を果たす。その際にプロフィールが新しく作り直され、血液型なども含めすべてが変更されている[2]

KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION"A"』の特設サイトに掲載されているサイドストーリーでは、長き修行を終えて武人として一皮むけた彼が登場する。

バトルスピリッツ 龍虎の拳』では、サウスタウン市警の警察官として登場。階級は警部。当初はソフト帽を被り、スーツにトレンチコート姿であったが、Mr.ビッグが経営している違法カジノのあるレストラン「ラ・モール」に強制捜査以降は、原作に近い胴着に袴、胸当て姿となった(ただし、頭はソフト帽のまま)。強制捜査のために、建造物倒壊用の鉄球を使う無茶をするなど、原作には無い豪快な様子が描かれている(本人いわく、「多大な悪を消滅できるなら始末書で済むのは安いもの)。

家族[編集]

家族は妻の志津子、娘には瑞穂(長女)と香澄(次女)がいる。

そのうち香澄は『ART OF FIGHTING 龍虎の拳外伝』にて操作キャラクターとして登場。その後に『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズなどにも出演している。香澄の参戦目的は竜白を探すことだが、すんでの所ですれ違いを続けている。『カプエス2』では竜白の対戦前デモや勝利ポーズにおいて登場している。

志津子は『ART OF FIGHTING 龍虎の拳 外伝』の香澄のエンディングや家庭用『KOF'96』のロード時に表示されるイラストに登場する。厳格で礼儀作法に厳しいが、冷たいわけではなく心の内に家族愛を秘めている。彼女自身も夫から藤堂流古武術の手ほどきをいくらか受けており、竜白が留守の間道場を預かっているのは志津子である。

技の解説[編集]

「ただ一つの技を極めてこそ真の武士」という信念を持っているため、初代『龍虎』での必殺技は「重ね当て」しか持たない。『カプエス2』で参戦した際は技が大幅に増えたが、新技はいずれも「重ね当て」のバリエーションとなっている。

必殺技[編集]

重ね当て
両腕を振り下ろし、カミソリのような形の気で攻撃する。『龍虎』での唯一の必殺技。
仰ぎ重ね当て
『カプエス2』で追加された「重ね当て」のバリエーション。空中に向かって「重ね当て」を繰り出す。
飛び重ね当て
同じく『カプエス2』で追加。空中で繰り出す「重ね当て」で、技の形態は香澄の「空中重ね当て」とほぼ同様。
体崩し
『カプエス2』で追加されたコマンド投げで、相手を掴むと腹部に掌底を叩き込む。掌底の後は先に動け、さらに連続技を狙うことができる。

隠し必殺技 / スーパーコンボ[編集]

盟王武雷陣
スーパーファミコン版『龍虎』で追加された隠し必殺技。「重ね当て」の強化版で、発動は遅いが、見た目上では気の壁が一枚余分に加わり黄色から青へ色が変化している、ガード不能の高性能な技。
この技は、後の『Days of Memories 〜僕と彼女の熱い夏〜』にて「藤堂が教えた技」として再登場している。
超重ね当て
『カプエス2』で追加。こちらは香澄の「超重ね当て」と同様に巨大な重ね当ての波を走らせる(香澄のは超秘伝の略で正式名称は「超秘伝重ね当て」だが竜白のは「超重ね当て」になっている)。
心眼 蔓落とし
同じく『カプエス2』で追加。香澄の「心眼 葛落とし」と同様の当て身投げ技だが、投げた後の追い打ちの際に扇子を持つ。

登場作品[編集]

操作キャラクターとして[編集]

それ以外での出演[編集]

担当声優[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ALL ABOUT 龍虎の拳2』でのスタッフのインタビューによると「2の新規キャラクターの如月影二と東洋的イメージが被るという理由とROM容量の都合により藤堂を外した」とのこと
  2. ^ 『龍虎の拳』時点における藤堂竜白のプロフィールは、雑誌『ネオジオフリーク』に掲載されたもの。