蕭キ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「蕭巋」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
明帝 蕭巋
後梁
第2代皇帝
王朝 後梁
在位期間 562年 - 585年
姓・諱 蕭巋
仁遠
諡号 明皇帝
廟号 世宗
生年 大同8年(542年
没年 天保24年(585年)5月
宣帝
曹貴嬪
皇后 張皇后
陵墓 顕陵
年号 天保 : 562年 - 585年

蕭 巋(しょう き)は、南朝後梁の第2代皇帝。

生涯[編集]

大定18年(562年)、父宣帝の崩御により皇位を継ぐ。後梁は事実上北周の傀儡政権であり、北周とともに南朝のと対峙した。

天保16年(577年)に北周が北斉を滅ぼした際には、自ら北周の都長安に出向いて当時の皇帝たる武帝宇文邕に祝賀の言葉を述べた。その際、明帝は宇文邕に後梁建国以来の旧恩を語り、2人はともに涙ぐんだという。また明帝が後梁に帰る際には、宇文邕自らが琵琶を弾いて盛大に見送り、2人で軽口を叩き合ったと記されている。傀儡政権の皇帝という不安定な立場ではあるものの、北周と親密な関係を築いていたことが伺える。また明帝と宇文邕はほぼ同年代であり、個人的にも親密な関係にあったものと思われる。このような関係の結果、北周は後梁の都江陵に駐在させていた将軍を引き上げさせ、後梁の自治が回復された。

その後、宗主国が北周から隋へと変わった後もその親密な関係は続き、明帝が再び長安を訪れた際には、隋の文帝楊堅自ら手を取り「必ず梁の旧地を取り戻して送り届ける」と言ったと伝えられる。また、明帝の娘は楊堅の次男の楊広(後の煬帝)に嫁ぎ、楊広が皇帝に即位した際には皇后となっている(煬愍蕭皇后)。

このような安定した政権の下、江陵では梁から受け継いだ文化が花開いた。また、明帝自身も学才があり、『孝経』、『周易義記』、『大小乗幽微』などを著した。

天保24年(585年)に崩御。息子の蕭琮が帝位を嗣いだ。

妻子[編集]

后妃[編集]

  • 張皇后

[編集]

[編集]

先代:
宣帝
南朝後梁の第2代皇帝
562年 - 585年
次代:
後主