廃帝 (陳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廃帝 陳伯宗
第3代皇帝
Chen Feidi Tang.jpg
陳廃帝(閻立本筆、ボストン美術館蔵)
王朝
在位期間 566年 - 568年
姓・諱 陳伯宗
奉業
小字 薬王
生年 承聖3年(554年)5月
没年 太建2年(570年)4月
文帝
沈皇后
皇后 王皇后
年号 天康 : 566年
光大 : 567年 - 568年

廃帝(はいてい)は、南朝の第3代皇帝。姓は伯宗文帝の長男。

生涯[編集]

永定2年(558年)2月に臨川王世子に立てられた。永定3年(559年)6月に文帝が即位すると、8月(一説に9月)に皇太子に立てられた。侯景の乱のときに建康の東宮は焼尽していたため、永福省に居住した。

天康元年(566年)4月に文帝が崩御すると、太極前殿で帝位についた。13歳の若年で即位したため、文帝の遺言で叔父の安成王陳頊(後の宣帝)が後見することになった。このため、陳伯宗自身には何ら実権がなく、陳頊の傀儡同然であった。光大2年(568年)11月、陳頊によって廃位され臨海王とされた。太建2年(570年)4月に殺害された。

妻子[編集]

后妃[編集]

[編集]