筒井順昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
筒井順昭
Tutuijs.jpg
時代 戦国時代
生誕 大永3年2月15日1523年3月2日
死没 天文19年6月20日1550年8月2日
別名 栄舜坊
墓所 圓證寺
官位 官符衆徒
氏族 筒井氏
父母 父:筒井順興
兄弟 順昭、順政順国、女子(十市遠忠妻)
娘(井戸良弘室)、順慶、娘(箸尾高春室)
娘(筒井順国室)

筒井 順昭(つつい じゅんしょう)は、戦国時代大和国大名筒井順興の嫡男。筒井順慶の父。興福寺官符衆徒であった。

筒井城を居城にして、大和に勢力を持っていた越智氏木沢長政などの敵を次々と破って勢力を拡大し、袂を分かちあっていた十市遠忠と和し、大和一国をほぼ手中に収め、筒井氏の全盛期を作り上げた。

しかし1549年天文18年)病を苦にして家臣数人を連れて突如、比叡山隠居天然痘脳腫瘍を患っていたという説がある。翌年に死去。嫡子の藤勝(順慶)はわずか2歳の幼子であったが、弟の順政、順国らが補佐し、大和支配を保った。

なお、順昭の供養塔である五輪塔(重要文化財)が、奈良県生駒市圓證寺にある。

元の木阿弥[編集]

順昭は死の間際に家臣を集め、子の順慶への忠誠を誓わせるとともに、敵を欺くため、自分と良く似ている木阿弥(もくあみ、黙阿弥とも)という奈良の盲目の僧を影武者に立て、3年間(資料によっては1年間、あるいは子の順慶が成人するまで)死を隠すことを命じた。木阿弥は身代わりの間、贅沢な暮らしができたが、筒井家臣団が順慶の下で体制を整えなおした後に奈良へ帰され、元のただの僧の木阿弥に逆戻りした。このことから「元の木阿弥」という故事成句が生まれたといわれる。