第2回ケベック会談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第2回ケベック会談(だい2かいケベックかいだん、コードネーム“OCTAGON”)は、第二次世界大戦中にイギリスアメリカ合衆国カナダで開かれた軍事に関する首脳会談。

カナダのケベック・シティーで、1944年9月12日から9月16日に行われた。1943年ケベック会談との関係で、第2回ケベック会談と呼ばれる。主な出席者は、イギリス首相ウィンストン・チャーチルアメリカ合衆国大統領フランクリン・ルーズベルト、ホスト役にカナダ首相ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キングも参加。

主な合意事項は、ナチス・ドイツ降伏後の占領統治に関するモーゲンソー・プラン、アメリカのイギリスに対するレンドリース法による経済援助の継続、太平洋戦争へのイギリス海軍の関与形態である。モーゲンソー・プランは、イギリスの反対で、アメリカによる当初案よりも過酷性が緩和された内容で合意された。対日戦へのイギリスの関与については、イギリス海軍艦艇による第57任務部隊(実質はイギリス太平洋艦隊, en)の編成とアメリカ海軍の指揮下編入が決定され、1945年3月の沖縄戦から実現することになった[1]連合国での勝利に向けた計画を検討するために有益な会談であった。

脚注[編集]

  1. ^ BBC Factfile: Second Quebec Conference

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]