ヘイスティングス・イスメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘイスティングス・イスメイ
Hastings Ismay
Ismay cropped.jpg
渾名 パグ
生誕 1887年6月21日
British Raj Red Ensign.svg イギリス領インド帝国ナイニタール
死没 1965年12月17日(78歳)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドグロスタシャースタントン近郊ウォーミントン・グレンジ
所属組織 英印軍
 イギリス陸軍
軍歴 1905年 – 1946年
最終階級 将軍
テンプレートを表示
ヘイスティングス・イスメイ
Hastings Ismay
出身校 チャーターハウス・スクール
サンドハースト王立陸軍士官学校
称号 KG
GCB
CH
DSO
MiD
配偶者 ローラ・キャスリーン・クレッグ

任期 1951年 - 1952年
元首 エリザベス2世

NATO初代事務総長
任期 1952年 - 1957年
テンプレートを表示

ヘイスティングス・ライオネル・パグ・イスメイ将軍、初代イスメイ男爵、KGGCBCHDSOPC英語: Hastings Lionel "Pug" Ismay, 1887年6月21日 - 1965年12月17日)は、英印軍将校であり外交官第二次世界大戦中は主にウィンストン・チャーチル軍事首席補佐官英語版として役割を果たし、1952年から1957年までNATOの初代事務総長を務めた。

生涯[編集]

1887年にインドで生まれ、イギリスのチャーターハウス・スクールサンドハースト王立陸軍士官学校で教育を受けた。サンドハースト卒業後、インド軍アルバート・ヴィクター王子私設軽騎兵第21部隊英語版に士官として参加した。第一次世界大戦の間、ソマリランドで「狂気のムッラー」ことサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンに対抗するイギリス軍にソマリランドラクダ部隊所属で戦った。 1925年、イスメイは帝国防衛委員会英語版の次官補となった。大佐に昇進した後、インドの総督フリーマン・フリーマン=トーマスの軍事秘書を務め、その後1936年に帝国防衛委員会に副長官として戻った。

1938年8月1日、第二次世界大戦の勃発直前に帝国防衛委員会の事務局長となり、差し迫った戦争に備え計画を始めた。 1940年5月、ウィンストン・チャーチルがイギリスの首相になったとき、軍事首席補佐官・参謀としてイスメイを指名した。多忙な中、イスメイはチャーチルと参謀長委員会英語版の間で主導的に調整に務めた。また、イスメイはチャーチルに同行して連合軍の戦争会議の多くに参加した。イスメイの多くの助言や援助は、「チャーチルは戦争の間、国民と軍人の誰よりも助けられたことを認めざるをえない。」と評価されている[1]

終戦後、イスメイは年明けまで軍に残り国防省を再編成した。それから軍を引退し、インドでルイス・マウントバッテン卿の参謀長を務め、インド・パキスタン分離独立の監督に奔走した。1948年から1951年に英国祭英語版評議会の議長を務め、イベント整理と促進を助けた。

その後1951年、チャーチルが首相に再任した時、彼はイスメイを英連邦交渉大臣英語版(現在の外務・英連邦大臣、パレスチナ等の植民地交渉担当)に任命した。イスメイは大臣職を引き受けたが、1952年にNATOの初代事務総長になった為、わずか6ヶ月で辞任した。

事務総長の任期中にNATOの地位を確立し、定義することに成功した。1957年の引退後は回想録『The Memoirs of General Lord Ismay』を書き、多様な企業の取締役会を務め、イスメイ・ヤコブ委員会共同議長になり再び国防省を再編した。1965年12月17日、グロスタシャー州のウォーミントン・グレンジにある自宅で死去した。

参照[編集]

  1. ^ Colville, p. 161