第11回JSLカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第11回JSLカップ(だい11かいJSLカップ)は、1986年6月28日から7月13日に行われた日本サッカーリーグ主催の大会である。大会はJSL1部、2部に所属する27チーム[1]参加によるトーナメント方式で争われ、古河電気工業サッカー部が優勝した。

出場クラブ[編集]

JSL1部[編集]

JSL2部[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 古河電工 4-1 田辺製薬
  • フジタ工業 4-0 大阪ガス
  • ヤマハ発動機 3-1 西濃運輸
  • 本田技研 9-0 京都府警
  • 三菱重工 3-2 マツダ
  • 富士通 2-2(PK4-3)東邦チタニウム
  • 日本鋼管 1-1(PK3-0)松下電器
  • 川崎製鉄水島 2-0 TDK
  • 東芝 2-1 新日鉄
  • 住友金属 3-1 トヨタ自動車
  • 読売クラブ 0-2 日産自動車

2回戦[編集]

  • NTT関西 0-10 古河電工
  • フジタ工業 3-0 ヤマハ
  • 本田技研 1-0 三菱重工
  • 甲府クラブ 2-1 コスモ石油
  • ヤンマー 3-0 富士通
  • 日本鋼管 2-0 川崎製鉄水島
  • 東芝 2-0 住友金属
  • 日産自動車 1-0 日立製作所

準々決勝[編集]

  • 古河電工 1-0 フジタ工業
  • 本田技研 2-2(PK5-4)甲府クラブ
  • ヤンマー 2-1 日本鋼管
  • 東芝 0-3 日産自動車

準決勝[編集]

  • 古河電工 0-0(PK4-3)本田技研
  • ヤンマー 1-1 日産自動車(PK3-4)

決勝[編集]

1986年7月13日 15:00

古河電工 4 - 0 日産自動車 名古屋市瑞穂公園陸上競技場
宮内聡 30分にゴール 30分
前田秀樹 45分にゴール 45分
オウンゴール 77分にゴール 77分
菅野将晃 82分にゴール 82分

脚注[編集]

  1. ^ 全日空横浜サッカークラブ・ボイコット事件により全日空横浜は1986-87シーズンのJSLカップを含む3か月間の公式戦出場停止。

関連項目[編集]