石巻山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石巻山
東側の弓張山地の県境稜線から望む石巻山(2013年12月7日)
東側の弓張山地の県境稜線から望む石巻山
標高 358 m
所在地 日本の旗 日本
愛知県豊橋市石巻町
位置 北緯34度47分22秒 東経137度27分35秒 / 北緯34.78944度 東経137.45972度 / 34.78944; 137.45972座標: 北緯34度47分22秒 東経137度27分35秒 / 北緯34.78944度 東経137.45972度 / 34.78944; 137.45972
山系 弓張山地
テンプレートを表示

石巻山(いしまきさん)は、愛知県豊橋市石巻町にある標高 358 m[1]

概要[編集]

愛知県静岡県の県境に連なる弓張山地の南部である湖西連峰から西側に派生する尾根でかつての八名郡南部に位置する。山頂は石灰岩の巨岩で構成されており、周辺の「石巻山石灰岩地植物群落」は国の天然記念物に指定されていて、マルバシモツケやクモノスシダなどの石灰岩土壌に生える植物が見られる[2]

かつては石巻山それ自体が信仰の対象とされ、中腹には式内社石巻神社が祭られているほか、石巻温泉旅館や自然科学資料館がある。また、南北朝時代南朝方の高井主膳正石巻山城が有った。ハイキングコースは豊橋自然歩道として整備されていて、石灰岩の山頂からは360度の展望が開けている。以前は東海地方のロッククライミングにおいて重要な位置を占めていたが、クライマーのマナーの問題などから2006年に登攀禁止となっている[3]

豊橋市石巻自然科学資料館[編集]

豊橋市内東北部の石巻山中腹に、「豊橋市石巻自然科学資料館」がある。1967年(昭和42年)に開館し、周辺の弓張山地の地質や動植物などを紹介するための施設である[4]

交通アクセス[編集]

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地図閲覧サービス(石巻山)”. 国土地理院. 2011年11月3日閲覧。
  2. ^ 石巻山石灰岩地植物群落”. 愛知県. 2011年11月3日閲覧。
  3. ^ 立岩に行くときの注意事項〜2008/2/21の例会の話題から”. 浜松勤労者山岳会. 2011年11月3日閲覧。
  4. ^ 豊橋市石巻自然科学資料館”. 豊橋市. 2011年11月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]