真空包装

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真空包装(しんくうほうそう)とは、密封したプラスチックなどの包装内の空気を吸引して脱気することで包装の内部を真空状態にするもの[1][2]。包装内の酸素を排除することで内容物である食品の化学的な変質や微生物による変質を抑制することを目的とする[1][2]

「真空包装」は日本工業規格(JIS)においても定義付けされている[2]。日本工業規格の定義では「真空包装」とは「内容物の充填時に容器から空気を吸引排気して密封し、物品の変質などを防止することを目的とする包装」とされている[3]。また、「容器には、ガスバリア性の優れた包装材料を用いる」とされている[3]。「真空包装」の対応英語は「vacuum packaging」である[3]

真空包装後に加熱殺菌される場合(ハムソーセージなど)あるいはレトルト殺菌される場合(ハンバーグなど)もある[1]

を密閉の袋に入れて空気を抜くという、真空パックと称したアダルトビデオジャンルも存在する。

なお、「真空包装」は「ガス置換包装」とは区別される[1][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本包装学会『包装の事典』朝倉書店 p.170 2001年
  2. ^ a b c 『丸善食品総合辞典』丸善 p.556 1998年
  3. ^ a b c d JIS Z 0108:2012
  4. ^ 『丸善食品総合辞典』丸善 p.207 1998年

関連項目[編集]