相原実貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

相原 実貴(あいはら みき、6月10日[1] - )は、日本漫画家静岡県出身[1]

1991年、『別冊少女コミック』(小学館)12月号に掲載された「Lipコンシャス!」にてデビュー[1]

主な作品[編集]

  • あたしについてらっしゃい(1994年)
    • あたしについていらっしゃい / 開幕のベルが鳴る
  • 親にはナイショ(1994年、全2巻、新装版あり)
  • 東京少年少女(1995年 - 1996年、全5巻、新装版あり)
    • 新装版:基本的に純情(1巻)/ マイクにKISS!(2巻)
  • SO BAD!(1996年 - 1998年、全6巻、小学館文庫全3巻)
  • 空に太陽がある限りっ。(1998年 - 2001年、全3巻、小学館文庫全2巻)
  • 青天大睛(1999年 - 2000年、別冊少女コミック、全6巻、小学館文庫全3巻)
  • ホットギミック(2001年 - 2005年、Betsucomi、全12巻)
  • 先生のお気に入り!(2002年 - 2004年、月刊Cheese!、全1巻)
  • 続・先生のお気に入り!(全1巻)
  • 王子様の彼女(2006年)
    • 王子様の彼女 / 王子様の恋人
  • Honey Hunt(2007年 - 2010年、既刊6巻)
  • ホットギミックS(小説、2005年)
  • 相原実貴The Best Selection
    • 恋愛ダンジョン / 慎子×2-しんこの事情- / 開幕のベルが鳴る / LL-エルエル- / 彼女はデリケート / Lip・コンシャス!
  • 5時から9時まで(2010年 - 、2013年1月現在既刊6巻)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日外アソシエーツ発行『漫画家人名事典』(2003年2月、ISBN 9784816917608)P4

外部リンク[編集]