田麗玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国の旗 韓国の政治家
チョン・ヨオク
전 여옥(田 麗玉)
生年月日 1959年4月9日(55歳)
出生地 ソウル特別市
前職 韓国放送公社記者
現職 国会議員
所属政党 ハンナラ党セヌリ党国民の考え  
公式サイト oktaltalk.com
選挙区 永登浦区甲
当選回数 2回
所属委員会 国土海洋委員会
テンプレートを表示
田麗玉
各種表記
ハングル 전여옥
漢字 田麗玉
発音: チョン・ヨオク
ローマ字 Jeon Yeook
テンプレートを表示

田 麗玉(チョン・ヨオク、전여옥1959年4月9日 - )は大韓民国政治家、野党ハンナラ党広報責任者(スポークスパーソン)。KBS東京特派員時代に書いた『日本はない』で日本でも知られる。ソウル出身。

放送記者時代[編集]

1982年2月、梨花女子大学校社会学科卒業。1981年11月から1994年まで韓国放送公社(KBS)報道本部記者として勤務し、1991年1月から1993年8月まで東京特派員。特派員時代の経験を書いた毒舌的日本女性論『日本はない』(1993年出版)がベストセラーとなり、日本でも『悲しい日本人』(金学文・訳、1994年出版)と題してたま出版から翻訳出版された。以後、『日本はない2』や『女性よ、テロリストになれ』、『札幌でビールを飲む』などを執筆、毒舌評論で知られる。この間、西江大学校公共政策大学院国際関係政治学科を卒業し、梨花女子大政治学科大学院博士課程に入ったが休学中。

政界入り[編集]

2004年3月ハンナラ党に入党し、同年4月の総選挙で国会議員に当選、同党広報責任者に就任した。与党ウリ党批判に得意の毒舌を振るう。2男1女の母親でもある。

李明博大統領就任後に行われた2008年4月の第18代総選挙で再選された。第18代国会では、国土海洋委員会委員や出産高齢化対策特別委員会幹事、ハンナラ党の戦略企画本部長などを務めた。2012年3月、4月に予定されている第19代総選挙におけるセヌリ党(ハンナラ党が2012年2月に党名改称して発足)の公薦から脱落したことをきっかけに同党を離党して、保守系中道新党「国民の考え」に入党した[1]。総選挙では比例名簿1位で立候補したが、セヌリ党と民主統合党の狭間で埋没した結果、0.7%の支持に留まり議席を獲得できず落選した[2]

盗作問題[編集]

2004年、オーマイニュースが『日本はない』に、他人のアイデアや資料が盗用されたとの報道を行ったことに対し、民事訴訟でオーマイニュースに対する民事訴訟を起こしたが、2007年7月、裁判所は「報道内容は事実である」との判決を下し、田は敗訴した。その判決を不当であると主張した者が、「裁判所に爆弾を仕掛けた」と嘘の電話をマスコミにした。 2010年1月15日、控訴審でも田は敗訴した。 2012年5月18日、大法院(韓国最高裁)3部は、原告敗訴の判決を下した原審を確定した。 [3]

略歴[編集]

1959年4月19日生まれ

学歴[編集]

1982年:梨花女子大学校社会学科卒業
1997年:西江大学校公共政策大学院政治学修士

経歴[編集]

1981年~1994年:韓国放送公社記者
1991年~1994年:東京特派員
1994年~1996年:MYTV制作部主幹
1996年~1999年:プロダクション代表
2004年3月~2005年11月:ハンナラ党代弁人(スポークスマン)
2004年5月~2008年4月:第17代ハンナラ党国会議員(比例代表)
2006年:国会科学技術情報通信委員会、女性委員会の委員
2006年7月~2007年4月:ハンナラ党最高委員
2007年:李明博大統領候補選挙対策委員会副委員長
2008年5月~:第18代ハンナラ党国会議員(ソウル特別市永登浦区甲)
2012年3月9日:セヌリ党を離党、「国民の考え」入党
2012年4月11日:第19代総選挙で落選。
出典:田麗玉ホームページの“田麗玉プロフィール”と東亜日報編『東亜年鑑 2008』の「現役人名録」を参照して作成

脚注[編集]

外部リンク[編集]