田村信喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田村信喜(たむら のぶよし、1933年3月2日 - 2010年7月9日)は、日本の合気道家。大阪府出身[1]

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 若い頃にマクロビオティックの提唱者桜沢如一の許に入門し、桜沢の紹介で同じくマクロビオティックの実践者であった山口清吾と出会ったことが合気道を始めるきっかけとなる。上京したばかりの田村は山口の自宅に居候していたが、山口が結婚し居づらくなったため、合気会本部道場に住み込む生活(内弟子)を始めた。
  • 本部道場で知り合った女性と交際を始め、結婚の了承を得るため女性の両親に挨拶したところ、「娘はヴァイオリンの勉強でフランスに留学する」と言われてしまう。両親としては結婚を断念させるために言ったことだが、田村は植芝吉祥丸(当時本部道場長)に頼み合気道の指導者としてフランスに渡る許可を得る。斯くして新婚旅行を兼ねて1964年マルセイユに到着した田村は、45年の長きにわたりフランスで精力的に指導を行う。なおこの時の旅費の一部を船上で演武を行うことで稼いだ。
  • フランスは1950年代に合気会から派遣された望月稔阿部正らの尽力もあり最も早く合気道の普及に成功した国であったが、反面全国的な連合組織が整備されておらず多くの道場がフランス柔道連盟の一部門として従属している状態であった。それに対して田村は柔道連盟から独立した合気道連盟のために奔走し、Federation Francaise d'Aikido et de Budo(FFAB)を設立した。現在FFABは、フランス柔道連盟に最後まで残ったグループを母体とするFédération française d'aïkido, aïkibudo et affinitaires(FFAAA) と共に、フランスの合気会系道場を統括する団体として国際合気道連盟 に加盟している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FFAB Aikido
  2. ^ Philippe Chau, Entretien avec Nobuyoshi Tamura Sensei 15 décembre 2004