現代三湖重工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
現代三湖重工業
Hyundai Samho Heavy Industries
種類 株式会社
本社所在地 韓国の旗 韓国
全羅南道霊岩郡
設立 1977年
業種 輸送用機器
事業内容 船舶・物流機器・海上構造物
外部リンク http://www.hmd.co.kr/
テンプレートを表示

現代三湖重工業(げんだいさんこじゅうこうぎょう/ヒュンダイサムホじゅうこうぎょう、朝鮮語: 현대삼호중공업)は、大韓民国造船会社である。

イギリスの造船海運市況専門分析機関であるクラークソン社によれば、2007年3月時点で受注残高が276万CGTで世界第6位である[1]

歴史[編集]

1977年仁川にて漢拏重工業が創業し、1983年に造船所が稼働し中型船の新造を始めた。1992年全羅南道霊岩郡三湖に移転することになる。三湖地区一帯の330万平方メートルの敷地に大型ドック2箇所のほか大型クレーン3基など生産に必要な主要設備を備えている。アジア通貨危機の影響で1997年12月6日に破産手続きを申請、1999年10月27日に整理が完了し、11月1日現代重工業による経営委託がなされ現代グループに編入される。2003年に現在の社名に変更した。2004年2月1日には現代重工業の運搬設備事業を買収し、クレーンなどを製造する。

現状[編集]

近年は浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)、LNGタンカー、LPGタンカー、自動車専用船(PCTC)、超大型コンテナ船VLCCを集中的に生産している。

国内の競合他社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ KBS WORLD造船業界

外部リンク[編集]