独神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

独神(ひとりがみ)とは、日本神話において夫婦の組としてでなく単独で成った神のこと[1]

これに対して、男女一対の神を「双神」(ならびかみ)ということもある[2]

類似のものに、「倶(とも)に生(なりい)づる神」と「偶[3](たぐ)ひ生(な)る神」の区別がある[4]

独神の一覧[編集]

別天神
神代七代の独神

出典[編集]

  1. ^ 薗田稔、茂木栄 『日本の神々の事典 神道祭祀と八百万の神々』 学研 1997年
  2. ^ 多田元 『図解 古事記・日本書紀』 西東社 2009年
  3. ^ この字は正確には「禾+禺」と書く。
  4. ^ 坂本太郎井上光貞家永三郎大野晋 『日本書紀(一)』 ワイド版岩波文庫 2003年
  5. ^ a b c d e f g 少年社、後藤然、渡辺裕之、羽上田昌彦 『神道の本 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界』 学研 1992年
  6. ^ a b c d 戸部民夫 『八百万の神々 日本の神霊たちのプロフィール』 新紀元社 1997年